#author("2016-11-18T14:46:11+09:00","","")
#author("2020-10-29T14:52:30+09:00;2020-10-26T13:01:36+09:00","","")
* ダイロン [#ja38103a]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[人名]]|
|~スペル|Daeron|
|~その他の呼び名||
|~その他の呼び名|吟遊詩人のダイロン、伶人のダイロン(Daeron the Minstrel)|
|~種族|[[エルフ]]([[シンダール]])|
|~性別|男|
|~生没年|不明|
|~親||
|~兄弟||
|~配偶者||
|~子||

** 解説 [#Explanation]
[[ドリアス]]にいた、[[シンゴル]]の宮廷吟遊詩人にして伝承の大家、学者。[[サイロス]]の友人((『[[終わらざりし物語]]』の[[クリストファー・トールキン]]の註によると、[[サイロス]]の縁者とも兄弟ともされるが、友人とするのが最終案であるという。))。[[キアス]]を考案した人物。

[[ドリアス]]の[[シンダール・エルフ>シンダール]]。[[シンゴル]]の宮廷伶人にして伝承の大家。[[キアス]]を最初に考案したといわれている。[[サイロス]]の友人。
その歌の技量は[[マグロール]]にも勝り、[[大海]]の東の[[エルフ]]で、ダイロンの右に出る者はいないといわれた。ダイロンは[[ルーシエン]]を愛しており、[[ベレン>ベレン(バラヒアの息子)]]が現れる以前は、ルーシエンの歌と踊りの音楽を作り、そこに思いのたけを込めていた。

[[メレス・アデアサド]]が催された時には、ダイロンは[[マブルング>マブルング(ドリアス)]]と共に[[シンゴル]]の使いとして宴に参加した。
後に[[ベレン>ベレン(バラヒアの息子)]]が[[ドリアス]]にやってくると、[[ルーシエン]]とベレンが会っているのを[[シンゴル]]に密告した。また[[トル=イン=ガウアホス]]の地下牢に囚われたベレンを救出するためルーシエンがダイロンに助力を求めた時、この事もシンゴルに密告した(その為ルーシエンはシンゴルによって[[ヒーリロルン]]の家に幽閉された)。
その後ルーシエンがベレンを捜して行方不明になると、ダイロンもルーシエンを求めて[[ドリアス]]を去った。やがてダイロンは[[エレド・ルイン]]を越えて[[中つ国]]の東の地に到り、暗い水辺で長い年月を、ルーシエンのことを想って嘆き暮らしたという。
[[メレス・アデアサド]]が催された時、ダイロンは[[マブルング>マブルング(ドリアス)]]と共に[[シンゴル]]の使者として宴に参加した。
[[ベレン>ベレン(バラヒアの息子)]]が[[ドリアス]]にやって来て[[ルーシエン]]と愛し合うようになると、二人の密かに会っていることをシンゴルに密告した。[[トル=イン=ガウアホス]]の地下牢に囚われたベレンを救出するためルーシエンがダイロンに助力を求めた時も、そのことをシンゴルに密告した。そのためにルーシエンはシンゴルによって[[ヒーリロルン]]の家に幽閉された。
ルーシエンがヒーリロルンの家を抜け出して行方不明になると、ダイロンはルーシエンを捜し出すためにドリアスを去った。やがてダイロンは[[エレド・ルイン]]を越えて[[中つ国]]の東の地に到り、暗い水辺でルーシエンのことを想いながら嘆き暮らしたという。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)
#pcomment(,,,,,,reply)