#author("2020-11-01T20:10:20+09:00;2015-05-05T23:37:45+09:00","","")
* センゲル [#o9a4ebab]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[人名]]|
|~スペル|Thengel|
|~その他の呼び名|誉れ高き(the Thrice-renowned)|
|~種族|[[人間]]|
|~その他の呼び名|誉れ高きセンゲル王(Thengel the Thrice-renowned)(([[サルマン]]が[[セオデン]]にセンゲルの息子として呼びかける時に言及した呼称))|
|~種族|[[人間]]([[ロヒアリム]])|
|~性別|男|
|~生没年|[[第三紀]]2905~2980(享年75)。在位2953~2980(27年間)|
|~生没年|[[第三紀]]2905~2980年(享年75)|
|~親|[[フェンゲル]](父)|
|~兄弟|姉二人|
|~配偶者|[[モルウェン>モルウェン(センゲルの妻)]]|
|~子|長女、[[セオデン]](息子)、二女、三女、[[セオドウィン]](四女)|

** 解説 [#Explanation]

|>|>|~[[リダーマーク]]の王|h
|CENTER:第15代&br;[[フェンゲル]]&br;2903~2953|CENTER:第16代&br;''センゲル''&br;[[第三紀]]2953~2980|CENTER:第17代&br;[[セオデン]]&br;2980~3019|
|CENTER:第15代&br;[[フェンゲル]]&br;2903~2953|CENTER:第16代&br;''センゲル''&br;[[第三紀]]2953~2980年(27年間)|CENTER:第17代&br;[[セオデン]]&br;2980~3019|

[[マーク]]十六代目の王。[[フェンゲル]]の第三子で、唯一の息子。[[ロスサールナッハ]]の[[モルウェン>モルウェン(センゲルの妻)]]を妻とし、[[セオデン]]と[[セオドウィン]]([[エオメル]]、[[エオウィン]]の母)を含む五人の子の父となる。
[[マーク(ローハン)>ローハン]]16代目の王。[[フェンゲル]]の第三子で、唯一の息子。[[ロスサールナッハ]]の[[モルウェン>モルウェン(センゲルの妻)]]を妻とし、[[セオデン]]と[[セオドウィン]]([[エオメル]]、[[エオウィン]]の母)を含む五人の子の父となる。

父フィンゲルとは折り合いが良くなく、成人すると[[ゴンドール]]へ移住して当時の[[執政]][[トゥアゴン>トゥアゴン(トゥーリン二世の息子)]]に仕え、功名を勝ち得た。2943年には同地で17歳年下のモルウェンを妻に娶る。だが2958年に父が死ぬと[[ローハン]]に呼び戻され、意に反して王位を継ぐことを余儀なくされた。
センゲルは優秀な王となったが、彼の育ちのために[[王宮>黄金館]]内でゴンドールの言葉が用いられたことは、[[ロヒアリム]]にとって好ましからざることだった。
父フィンゲルとは折り合いが良くなく、成人すると[[ゴンドール]]へ移住して当時の[[執政]][[トゥアゴン>トゥアゴン(トゥーリン二世の息子)]]に仕え、功名を勝ち得た。2943年には同地で17歳年下のモルウェンを妻に娶る。だが2953年に父が死ぬと祖国に呼び戻され、意に反して王位を継ぐことを余儀なくされた。
センゲルは優秀な王となったが、彼の育ちのために[[王宮>黄金館]]内でゴンドールの言葉が用いられたことを好ましく思わない者もいた。

[[アラゴルン二世]]は、[[ゴンドール]]にてソロンギルの名で知られる前、センゲルに仕えていたことがある。
[[アラゴルン二世]]は、[[ゴンドール]]で[[エクセリオン二世]]に仕える前は、[[マーク>ローハン]]でセンゲルに仕えていた。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)
#pcomment(,,,,,,reply)