* セオドレド [#b3311438]
** 概要 [#f158b436]

|~カテゴリー|人名|
|~スペル|Théodred|
|~その他の呼び名||
|~種族|[[人間]]([[ロヒアリム]])|
|~性別|男|
|~生没年|[[第三紀]]2978年?~†3019年2月25日。享年41歳?|
|~親|[[セオデン]](父)、[[エルフヒルド]](母)|
|~兄弟|なし|
|~配偶者|なし|
|~子|なし|

** 解説 [#y2a2e364]

[[セオデン]]王の一人息子で[[マーク]]第二軍団軍団長。[[エオメル]]、[[エオウィン]]の従兄にあたる。エオメルより13歳年上。勇敢な人物で、エオメルとは強い友情で結ばれていた。
[[ローハン]]の西境である[[アイゼン]]の渡しで、[[グリムボルド]]らを率いて[[サルマン]]の軍勢と戦っていたが、サルマンの[[半オーク]]の攻撃を受けて倒れる。その後彼らの軍勢は[[エルフヘルム]]率いる援軍に救われたが、セオドレドは'''「ここにわたしを寝かせておいてくれ――エオメルが来るまで浅瀬を確保するために」'''と言い残して死んだ。その言葉通り、アイゼンの浅瀬の中ノ島にセオドレドの塚が作られた。

セオドレドの死の知らせを聞いた[[エルケンブランド]]はセオドレドの後を引き継いで西マークの軍の指揮を引き継ぎ、エオメルを援軍に送ってもらうよう[[セオデン]]王に願い出たが、[[グリマ]]の讒言によって果たされなかった。

** 映画『[[ロード・オブ・ザ・リング]]』における設定 [#d0a64a5d]

|~俳優|パリス・ホウィ・ストレウィ|

瀕死の状態で[[エドラス]]に運び込まれる姿が描かれている。『[[スペシャル・エクステンデッド・エディション]]』では、アイゼンの渡しの合戦場で倒れている彼が発見されるさまと、セオドレドの葬儀も登場する。

** コメント [#l17969fb]
- 映画でも原作でも殆ど出てきませんでしたね。でも指輪物語全体を考えたら、そうなっても仕方がないのかな。最後まで父王に対する愛情も忠義心も衰えなかったみたいなので、親子関係は良好だったんでしょうねぇ。 -- ぼめこ &new{2007-11-04 (日) 23:26:46};
- 無茶苦茶かっこいい存在だとおもいます --  &new{2008-12-24 (水) 03:16:11};
- 映画では確実にエオメルより年下 -- ロイカ &new{2008-12-24 (水) 16:33:10};

#comment