#author("2017-04-14T22:37:55+09:00","","")
#author("2017-07-10T00:30:32+09:00","","")
* スロール [#oc2c4090]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[人名]]|
|~スペル|Thrór|
|~その他の呼び名|山の下の王(King under the Mountain)|
|~種族|[[ドワーフ]]([[長鬚族]])|
|~性別|男|
|~生没年|[[第三紀]]2542~†2790(享年248)。在位2589~2790(201年間)|
|~親|[[ダイン一世]](父)|
|~兄弟|[[フロール]](弟)、[[グロール]](弟)|
|~子|[[スライン二世]](息子)|

** 解説 [#Explanation]

|>|>|~[[長鬚族]]の王|h
|CENTER:先代&br;[[ダイン一世]]&br;2585~2589|CENTER:''スロール''&br;[[第三紀]]2589~2790|CENTER:次代&br;[[スライン二世]]&br;2790~2850|

[[ダイン一世]]の息子で[[スライン二世]]の父。[[トーリン・オーケンシールド>トーリン二世]]の祖父。トーリンと[[ダイン二世]]によって復位がなされるまで、[[エレボール(はなれ山)>エレボール]]に君臨した最後の''山の下の王''であった。

当時[[ドゥリンの一族]]は[[灰色山脈]]を本拠としていたが、2589年に[[冷血竜]]によって父と弟達が殺されると、スロールは叔父の[[ボーリン]]と共に脱出して父祖の地であるエレボールに戻った。スロールの治世に[[山の下の王国>エレボール#kingdom]]は歌に歌われる大きな繁栄を迎えた。
だがその繁栄を聞きつけた[[スマウグ]]によって2770年にエレボールは滅ぼされ、スロールはまたも父祖の地を追われることになった。彼は[[息子>スライン二世]]と[[孫>トーリン二世]]、そして少数の縁者と忠実な従者と共に放浪を余儀なくされ、[[褐色人の国]]に一時住まった。

やがてスロールは、エレボールの秘密の入り口を示した[[地図>スロールの地図]]とその鍵、そして自分が持つ最後の宝である[[七つの指輪]]のうちの一つを息子の[[スライン二世]]に譲り渡すと、自らは従者の[[ナル]]だけを連れて一族のもとを離れ、無謀にも遠祖の地である[[モリア]]に帰還しようとした。これは悲運と放浪生活のために頭がおかしくなっていたとも、指輪に込められた[[サウロン]]の悪意の影響とも言われている。
スロールは、[[霧ふり山脈]]を[[赤角山道>カラズラス]]より東に越えて[[アザヌルビザール]]にやってくると、引き止めるナルを置いて単身でモリアの東門から中に入っていった。だが彼は[[アゾグ]]に殺された上、その遺体は[[オーク]]たちによって切り刻まれ、烏の餌にされた。

[[ナル]]によって[[スライン二世]]にもたらされたこの知らせ、すなわち[[ドゥリン]]の世継ぎである[[長鬚族]]の王に対する侮辱が、他の氏族の[[ドワーフ]]達をも激怒させ、[[ドワーフとオークの戦争]]([[ナンドゥヒリオンの合戦]])の発端になった。

** 映画『[[ホビット>ホビット(映画)]]』における設定 [#Hobbitmovie]

|~俳優|ジェフリー・トーマス|
|~日本語吹き替え|不明|
#amazon(B01GPBXMPW)
[[エレボール]]の山の下の王国の王として登場。原作とは異なり、エレボールの財宝や[[アーケン石]]に執着して正気を失っている暗君のように描かれている。かつて[[ラスガレンの白い宝石]]の取引で[[スランドゥイル]]と交渉が決裂し、彼が[[ドワーフ]]に悪感情を抱く原因の一つとなった。
[[スマウグ]]襲来でエレボールを追われた後、[[モリア]]に向かってその地の再興をしようとするが、そこにはすでに[[オーク]]に占拠されており、[[ナンドゥヒリオンの合戦]]が発生。その場で[[アゾグ]]に斬首されて殺された。

*** 画像 [#s3d3de99]

&ref(vlcsnap-00037.jpg,,25%,『ホビット』におけるスロール);

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)