* スロール [#oc2c4090]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[人名]]|
|~スペル|Thrór|
|~その他の呼び名||
|~種族|[[ドワーフ]]|
|~性別|男|
|~生没年|[[第三紀]]2542~†[[第三紀]]2790。享年248。在位2589~2790(201年間)|
|~親|[[ダイン一世]](父)|
|~兄弟|[[フロール]](弟)、[[グロール]](弟)|
|~配偶者||
|~子|[[スライン二世]](息子)|

** 解説 [#Explanation]

[[ダイン一世]]の息子で[[フロール]]、[[グロール]]の兄。[[スライン二世]]の父。[[トーリン・オーケンシールド>トーリン二世]]の祖父。
元々[[エレボール(はなれ山)>エレボール]]の出身であったが、[[灰色山脈]]に向かう。2589年に灰色山脈が[[冷血竜]]に襲われた時、スロールは叔父の[[ボーリン]]と共に脱出してエレボールに戻り、そこで繁栄を手にする。だが今度は2770年にその地を[[スマウグ]]に襲われて、スロールはまたも逃げることになった。彼は息子と孫、そして少数の縁者と忠実な従者と共に放浪し、[[褐色人の国]]に一時住まった。
やがてスロールは、自分が持っていた[[七つの指輪]]のうちの一つを息子の[[スライン二世]]に与えると、自らは[[ナル]]だけを連れて[[赤角山道>赤角山]]を越え、[[モリア]]の東口がある[[アザヌルビザール(ナンドゥヒリオン)>ナンドゥヒリオン]]へ向かった。これは、七つの指輪のもたらす魔力と、悲運と放浪生活によってスロールの気が触れていたためであるとされる。
スロールは、引き留めるナルを置いてひとりでモリアの中へと入っていったが、彼は[[オーク]]の[[アゾグ]]に殺され、死体は辱められた。ナルによって[[スライン二世]]にもたらされたこの知らせ、すなわちドワーフの各氏族の長である[[長鬚族]]に対する侮辱が、他の氏族の[[ドワーフ]]達をも激怒させ、ドワーフとオークの戦い([[ナンドゥヒリオンの合戦]])の発端になる。

** 映画『[[ホビット>ホビット(映画)]]』における設定 [#Hobbitmovie]

[[エレボール]]の山の下の王国の王として登場。エレボールの財宝や、[[アーケン石]]にかなり執着するようになったようである。
エレボールを[[スマウグ]]に追われた後、[[モリア]]に向かってその地の再興をしようとするが、そこにはすでに[[オーク]]に占拠されており、[[ナンドゥヒリオンの合戦]]が発生。[[アゾグ]]に殺される。

** コメント [#Comment]

#pcomment_nospam(,,noname,,,,reply)