#author("2020-03-24T18:15:15+09:00;2015-06-13T18:17:17+09:00","","")
* スマウグの&ruby(あ){荒};らし&ruby(ば){場}; [#l77ade46]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[地名]]|
|~スペル|Desolation of Smaug|
|~異訳|スマウグの荒し場|
|~その他の呼び名|竜の荒らし場(Desolation of the Dragon)|

** 解説 [#Explanation]

[[はなれ山>エレボール]]の周囲に広がる荒廃した一帯のこと。[[山の下の王国>エレボール#Kingdom]]と[[谷間の国]]を滅ぼした[[スマウグ]]が、ねぐらの近辺を荒らし回ることによって形成された。

>まわりの土地は、荒れすさんだ、さむざむとしたながめになってきました。けれども[[トーリン>トーリン二世]]の話では、むかしここは、緑うるわしい土地だったというのです。草もほとんどはえていず、まもなく、わずかなやぶも立木もなくなり、だいぶ前にやられたと思われる、さけて黒ずんだ木株ばかりとなりました。一同は、竜の荒し場とよぶところにさしかかっていました。おりから、秋も深まりきったころでした。((『[[ホビットの冒険]]』「入口の階段に腰かけて」))

[[五軍の合戦]]の後は、再建された[[山の下の王国>エレボール#Kingdom]]と[[谷間の国]]の働きによって再び豊かな地に戻ったという。

** 映画『[[ホビット>ホビット(映画)]]』における設定 [#Hobbitmovie]

第二部の原題に使われている。邦題では話題性を考慮して「竜に奪われた王国」に変更された。(詳細は[[ホビット(映画)#Dos]]を参照)

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,,,,,reply)