#author("2018-07-02T00:24:43+09:00","","")
#author("2019-12-30T18:22:32+09:00;2015-12-01T05:05:56+09:00","","")
* ストゥア [#t5f2a3db]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[種族]]|
|~スペル|Stoors((stoor(又はstor)は[[古英語]]で「強い、大きい」の意味))|
|~スペル|Stoor(単) / Stoors(複)((stoor(またはstor)は[[古英語]]で「強い、大きい」の意味))|

** 解説 [#Explanation]

[[ホビット]]の種族の一つ。
[[ホビット]]の三つの種族の一つ。
[[ハーフット]]や[[ファロハイド]]に比べてがっしりとして肩幅が広く、大きな手足を持つ。ホビットの三種族の中でストゥアだけが顎鬚を生やすことがあった。平地や川辺を好み、一般に水を嫌うホビットには珍しく、船に乗ったり泳いだりする習慣がある。[[人間]]をあまり恐れなかったという。

[[アンドゥインの谷間]]の水辺に長く留まった後、ハーフットの後に続いて[[第三紀]]1150年頃に[[霧ふり山脈]]を[[赤角山道]]から越えて[[エリアドール]]に入った。彼らの一部は[[三角地>三角地(エリアドール)]](当時は[[ルダウア]]領)に住んだが、多くは南下して[[エネドワイス]]の[[サルバド]]と[[褐色人の国]]の近隣に定住した。その後のエリアドールで[[アングマール]]の脅威が出現し、戦火が吹き荒れると、三角地のストゥアは西と南に逃げた(年表によると1356年頃)。これは戦乱とアングマールを恐れてのことだが、当時のエリアドール東部の気候変動も関係している。この時、彼らの中の一部は[[ロヴァニオン]]に戻り、[[あやめ川]]の畔に住む漁民となった者たち(([[ガンダルフ]]が[[ゴクリ]]の出身と推測した、ストゥアの支族。))もいた。1630年頃、褐色人の国にいたストゥアは北上して一番最後に[[ホビット庄]]にやってきた。

他の二種族に合流するのが遅かったので、ホビット庄内では独特の習慣や語彙を多く持つ。[[ブランディバック家]]をはじめとした[[沢地の国]]の住人(および後に入植した[[バック郷]]の住人)は、舟遊びの習慣や顎鬚を生やすことなどから、ストゥアの血を色濃く受け継いでいることが知られていた。地上に建てた家に住むことを始めたのもかれらであるという。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)
#pcomment(,,,,,,reply)