* シンダール [#ff085681]
** 概要 [#g9df2ebe]

|~カテゴリー|種族|
|~スペル|Sindar((単数形シンダ(Sinda) ))|
|~その他の呼び名|灰色エルフ、エグラス(Eglath)|

** 解説 [#z4cb0816]

「灰色エルフ」の意。[[第一紀]]、[[ベレリアンド]]地方に留まり[[ドリアス]]の王国を築いた[[テレリ]]族の[[エルフ]]を指す。主要言語は[[シンダール語]]。

*** 歴史 [#g4709ba5]

[[アマン]]への旅の途中[[ベレリアンド]]にて、テレリの指導者の一人であった[[エルウェ(シンゴル)>シンゴル]]が行方不明となる。テレリの一部は[[オルウェ]]に率いられて[[アマン]]への旅を続行したが、一部の者はエルウェを慕うあまり、ベレリアンドに残った(彼らは「置き去られた者達」の意であるエグラスを名乗った)。
中つ国に残った者達は、やがて[[メリアン]]と出会ったシンゴルに合流。彼らの保護下のもと、ドリアスで暮らすようになる。そして彼らは[[モリクウェンディ]]の中でもっとも美しく、もっとも賢明で、もっとも技に長じたエルフとなった。

シンゴルが[[ノグロド]]の[[ドワーフ]]に殺されると、残ったシンダールは[[ディオル>ディオル(ベレンの息子)]]によって統治される。[[フェアノール]]の息子達の襲撃を受けた後は、シンダールの生き残りは[[シリオンの港]]などに逃れた。
[[怒りの戦い]]とベレリアンドの崩壊以後も[[中つ国]]に残ったシンダールは各地に散る。一部のものは[[霧ふり山脈]]を東へ渡り、[[闇の森]]の[[シルヴァン・エルフ>シルヴァン]]の中に入り込んで、彼らの指導者となった。闇の森出身の[[レゴラス]]もシンダールである。

*** 灰色エルフの名の由来 [#e3b00879]

「灰色のエルフ」の名前の由来には幾つか説がある。

-[[ノルドール]]族が始めて彼らに出会ったとき、北方の灰色の空の下で、[[ミスリム]]湖の霧に包まれていたため。
-彼らは西方に渡らなかった([[二本の木]]の光を見なかった)ため[[光(上)のエルフ>上のエルフ]]ではないが、[[マイア]]である[[メリアン]]の面にその光を見た。そのため[[暗闇のエルフ]]でもなく、光のエルフとの両者の中間という意味。
-「灰色マント王」として知られるシンゴルによって統治されていたため。

*** シンダールの有名人物 [#ee95aa81]

- [[シンゴル]]
- [[ベレグ>ベレグ(ドリアス)]]
- [[マブルング>マブルング(ドリアス)]]
- [[ケレボルン]]
- [[オロフェア]]
- [[スランドゥイル]]
- [[レゴラス]]

** コメント [#a4280e33]

#pcomment_nospam(,6,,,,,reply)