* シルマリエン [#m9d2cb44]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[人名]]|
|~スペル|Silmarien|
|~その他の呼び名||
|~種族|[[人間]]([[ヌーメノール人]])|
|~性別|女|
|~生没年|[[第二紀]]521~不明|
|~親|[[タル=エレンディル]](父)|
|~兄弟|[[イシルメ]](妹)、[[タル=メネルドゥア]](弟)|
|~配偶者|[[エラタン]](夫)|
|~子|[[ヴァランディル>ヴァランディル(シルマリエンの息子)]](息子)|

** 解説 [#Explanation]

[[タル=エレンディル]]の第一子で長女。[[イシルメ]]、[[タル=メネルドゥア]]の姉。

弟に男子が生まれたため、シルマリエンに[[ヌーメノール]]の王位継承権はなく、ヌメノールの女王にはならなかった。だがシルマリエンは[[アンドゥーニエ]]の[[エラタン]]と結婚し、アンドゥーニエ領国の初代領主である[[ヴァランディル>ヴァランディル(シルマリエンの息子)]]の母となる。以後この家系からアンドゥーニエの領主が出ることになり、その末が[[アマンディル]]、[[エレンディル]]、[[イシルドゥア]]にあたる。

父タル=エレンディルからヌーメノール王家の家宝の一つ、[[バラヒアの指輪]]を受け継いだ。これはアンドゥ―ニエの領主に代々受け継がれ、ヌーメノールの没落からも救われ、[[アルノール]]の宝となった。また由来は不明だが[[エレンディルミア]]も元々は彼女の持つ宝であり、バラヒアの指輪と同じ経緯でアルノールの宝となった。

*** 生年について [#afdd02d1]

『[[追補編]]』収録「[[代々の物語>西国年代記]]」の[[第二紀の年表>第二紀]]では、彼女は548年生となっているが、『[[終わらざりし物語]]』によるとこれは初期の草稿が誤って残ったもので、正しくは521年であるという。彼女は間違いなく[[タル=エレンディル]]の長子で、[[タル=メネルドゥア]]の姉である。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)