* サルバド [#t6c4f4a1]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[地名]]|
|~スペル|Tharbad|
|~その他の呼び名||

** 解説 [#Explanation]

[[エリアドール]]の南東[[エネドワイス]]地方の、[[灰色川(グワスロ)>グワスロ]]と南北街道([[緑道]]および[[旧南街道]])が交わる地点にあった町。[[第三紀]]2912年(「酷寒の冬」の翌春)の大洪水により廃墟となった。
[[エリアドール]]の南東[[エネドワイス]]地方の、[[灰色川(グワスロ)>グワスロ]]と南北街道([[緑道]]および[[旧南街道]])が交わる地点にあった町。[[第三紀]]2912年([[凶年の冬]]の翌春)の大洪水により廃墟となった。
浅瀬があり、かつては有名な橋がかかっていたらしい。だが[[ボロミア]]は、[[裂け谷]]を探して北上する旅の途中、サルバドを渡河する際に[[ローハン]]で借りた馬を失っている。

>かれ(ボロミア)はおそらく、そこ(南北街道)を通って、サルバドへの危険に満ちた旅を成し遂げたのだろうが、見いだしたものはただ、時とともに崩れゆく塚の跡と、そしてもし川がゆるやかで浅くなければ――幅は広かったが――渡ることのできない、橋の残骸が形づくった危険な瀬だけであっただろう。((『[[終わらざりし物語]] 上』「IV ガラドリエルとケレボルンの歴史」より、当時のサルバドの様子))

『[[終わらざりし物語]]』によると、サルバドの浅瀬は[[第二紀]]の頃から[[グワスロ]]の主要な渡河地点であった。
第二紀1699年に[[エリアドール]]を席巻した[[サウロン]]は、南東から呼び寄せた援軍によってサルバドを打ち破り、手中に収める。しかし1700年から1701年にかけて[[ギル=ガラド]]と[[タル=ミナスティア]]の連合軍に追われたサウロンはサルバドまで逃れ、その地の援軍と合流。しかし[[ヴァンヤロンデ>ロンド・ダイア]]に上陸していた[[ヌーメノール]]分遣艦隊との挟み撃ちにあい、サウロンはグワスロの戦いで惨敗を喫して東方に駆逐された。

サルバドに町と橋が築かれたのは第二紀末から[[第三紀]]にかけて、[[亡国の民の王国]]の時代になってからである。
サルバドはグワスロ河口の[[ロンド・ダイア]]と連携して整備・要塞化され、[[アルノール]]と[[ゴンドール]]をつなぐ南北大街道の要衝帯として栄えるとともに両国によって共同管理されていた。サルバドの橋は、川の両岸に土塁を積み上げて築かれた砦によって守られており、町は川船をつけられる港を備えていた。
しかし第三紀1800年頃より、南北王国の衰退にともなってこの地方の人口も減少していき、やがて要塞群は打ち捨てられて一帯はもとの沼地に戻っていった。

[[大いなる年]]に[[ホビット庄]]と捜索していた[[ナズグール]]は、サルバドの近くで[[サルマン]]の手下の[[褐色人]]を捕らえている。この男は秘密裡に物資の買い付けを行うために[[アイゼンガルド]]とホビット庄を往復しており、そのためにサルバドの渡り場を利用していた。ナズグールはこの男を恐怖の影によって支配し、間者として[[ブリー村]]に送り込んだ([[フロド・バギンズ]]達が[[躍る小馬亭]]で目撃した、いやな目つきの南から来た男のこと)。しかし、水を忌むナズグールがどうやって橋の落ちたサルバドの浅瀬を越えたのかは明らかではない。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)