* サルバド [#t6c4f4a1]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[地名]]|
|~スペル|Tharbad|
|~その他の呼び名||

** 解説 [#Explanation]

[[エリアドール]]の南東[[エネドワイス]]地方の、[[灰色川(グワスロ)>グワスロ]]と南北街道([[緑道]]および[[旧南街道]])が交わる地点にあった町。[[第三紀]]2912年(「酷寒の冬」の翌春)の大洪水により廃墟となった。浅瀬があり、かつては橋がかかっていたらしいが、[[ボロミア>ボロミア二世]]はここで渡河する際に[[ローハン]]で借りた馬を失っている。

>かれ(ボロミア)はおそらく、そこ(南北街道)を通って、サルバドへの危険に満ちた旅を成し遂げたのだろうが、見いだしたものはただ、時とともに崩れゆく塚の跡と、そしてもし川がゆるやかで浅くなければ――幅は広かったが――渡ることのできない、橋の残骸が形づくった危険な瀬だけであっただろう。((『[[終わらざりし物語]] 上』「Ⅳ ガラドリエルとケレボルンの歴史」より、当時のサルバドの様子))

『[[終わらざりし物語]]』によると、[[第二紀]]1700年から1701年にかけて[[エリアドール]]から駆逐された[[サウロン]]の軍勢は、サルバドに上陸していた[[ヌーメノール]]軍の挟み撃ちにあって徹底的に殲滅されたという。
また、[[第三紀]]の[[大いなる年]]に[[ホビット庄]]を捜索していた[[ナズグール]]は、サルバドの近くで[[サルマン]]の手下の[[褐色人]]を捕らえる。ナズグールは彼らから情報を聞き出して[[ブリー村]]や[[ホビット村]]を調査することにし、またこの褐色人にサルマンを裏切らせ、自分たちのために情報を集めさせるべくブリー村に送り込んだ([[フロド・バギンズ]]達が[[躍る小馬亭]]で目撃した、いやな目つきの南から来た男たちのこと)。

** コメント [#Comment]

#pcomment_nospam(,,noname,,,,reply)