* グロンド [#s0be8933]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[物・品の名前]]|
|~スペル|Grond|
|~その他の呼び名||

** 解説 [#Explanation]

[[第一紀]]、[[モルゴス]]が[[フィンゴルフィン]]と戦うときに使った戦槌の名。

>モルゴスは、地下世界の鉄槌グロンドを高々と振り上げ、雷光の如く打ち下ろした。フィンゴルフィンはひらりと身を躱し、グロンドは大地を劈いて大きな穴をあけた。そしてそこから煙と火が発した。((『[[シルマリルの物語]]』「ベレリアンドの滅亡とフィンゴルフィンの死のこと」))

またそれに由来し、[[第三紀]]の[[ペレンノール野の合戦]]において、[[ミナス・ティリス>ミナス・ティリス(ゴンドール)]]攻撃の時に[[モルドール]]軍が使用した破城槌に付けられた名。

>大きな機械仕掛けが原っぱをのろのろと進んできました。その真ん中には巨大な破城槌がありました。長さが百フィートもある森の木ほど大きな槌が、強い鎖で下げられ揺れ動いていました。これはモルドールの暗い鍛冶工場の炉で長い間かかって鍛えられ、黒い鋼を鋳てこしらえたその見るも恐ろしい頭部は貪欲な狼に似せた形をしていました。かれらはこれを遠つ代の冥界の槌を記念して、グロンドと名づけていました。大きな獣たちがこれを引き、[[オーク]]たちが取り巻き、背後にはこれを操作する[[山のトロル>トロル]]たちが歩いてきました。((『[[指輪物語]] [[王の帰還]] 上』「四 ゴンドールの包囲」))

破城槌のグロンドは、ミナス・ティリス防壁の要である城門を突破するために使用された。城門は非常に堅固だったが、おそらく[[魔王]]の呪文の力が加わったこともあって最後には城門は粉砕され、魔王はミナス・ティリスへの入城を果たした。

** 映画『[[ロード・オブ・ザ・リング]]』における設定 [#Lotrmovie]

原作の描写にある、グロンドを引く「大きな獣」が、オリジナルのクリーチャーとしてデザインされている。
グロンドを使うとき、魔王が力を使うような描写は特にない。

** コメント [#Comment]

#pcomment_nospam(,,noname,,,,reply)
#pcomment(,,noname,,,,reply)