#author("2021-03-21T16:35:17+09:00;2018-02-11T03:59:47+09:00","","")
* カレナルゾン [#ia5cb01f]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[地名]]|
|~スペル|Calenardhon|
|~その他の呼び名|[[ローハン]]、マーク|

** 解説 [#Explanation]

[[シンダール語]]で「緑の地方」の意。[[アイゼン川>アイゼン]]と[[アンドゥイン]]の間に広がる広大な草原地帯。北は[[ファンゴルン]]の森と[[白光川]]、南は[[白の山脈]]によって区切られる。[[アイゼン]]川より西は[[褐色人の国]]と[[アイゼンガルド]]、[[メリング]]川より東は[[アノリアン]]である。
[[ゴンドール]]の領地ではあったが、この地は人口が希薄となっていた。後に[[ケレブラントの野]]で包囲されたゴンドール軍を[[エオル>エオル(レオドの息子)]]の軍勢が救出すると([[ケレブラントの野の戦い]])、カレナルゾンはエオルの民に謝礼として割譲される。以後、この地は彼らによって辺境国の意である[[マーク>ローハン]]と呼ばれ、[[ゴンドール]]人からはローハンと呼ばれた。
[[シンダール語]]で「緑の地方(Green Province)」の意。[[アイゼン]]川と[[アンドゥイン]]の間に広がる広大な草原地帯。北は[[ファンゴルン]]の森と[[白光川]]、南は[[白の山脈>エレド・ニムライス]]によって区切られる。アイゼン川より西は[[エネドワイス]]、[[メリング]]川より東は[[アノリアン]]。

[[ゴンドール]]の領地だったが元から人口は少なく、[[第三紀]]1636年の[[悪疫]]や、[[アンドゥイン]]沿いと[[イシリアン]]への移住が続いたことで、人口は減少していった。2510年にはアンドゥインを渡河してきた[[バルホス族]]と[[霧ふり山脈]]の[[オーク]]の侵攻で、残っていた民の多くが殺された。また当時のカレナルゾン西部は警備が緩み、[[褐色人]]が浸透し始めていた。そのため[[執政]][[キリオン]]は人口が希薄になったカレナルゾンを同年の[[ケレブラントの野の戦い]]で功績のあった[[エオセオド]]の国主[[エオル>エオル(レオドの息子)]]に割譲し、この地にゴンドールの同盟国''[[ローハン]]''が誕生した。

** コメント [#Comment]

#pcomment_nospam(,,noname,,,,reply)
#pcomment(,,,,,,reply)