* カスタミア [#feb15876]
** 概要 [#lf7645b0]

|~カテゴリー|人名|
|~スペル|Castamir|
|~その他の呼び名|簒奪者(the Usurper)|
|~種族|[[人間]]([[ドゥーネダイン]])|
|~性別|男|
|~生没年|[[第三紀]](1259)-†1447(享年188)。在位1437-1447(10年間)|
|~親|不明(祖父は[[カリメフタール>カリメフタール(カルマキルの息子)]])|
|~兄弟||
|~配偶者||
|~子|不明(曾孫に[[アンガマイテ]]と[[サンガヒャンド]])|

** 解説 [#qdee449b]

簒奪者カスタミアと呼ばれる。[[カリメフタール>カリメフタール(カルマキルの息子)]]の孫。
[[ゴンドール]]海軍の総指揮者だったが、[[北国人]]を母に持つ[[エルダカール>エルダカール(ヴァラカールの息子)]]が王位を継ぐとこれに反発する。1437年には[[オスギリアス]]を包囲攻撃して、[[ゴンドール]]の王位を簒奪した(22代目の王)。
カスタミアは残虐な人物で、捕らえたエルダカールの息子[[オルネンディル]]を処刑し、他にも多くの殺戮を行う。さらに国よりも艦隊のことに興味を持っていたようで、王都をオスギリアスから[[ペラルギア]]に移そうとしていた。
そのため他の[[ドゥーネダイン]]の反発を買い、彼らドゥーネダインは[[ロヴァニオン]]に亡命したエルダカールの元に馳せ参じさせる結果となる。

カスタミアが王位を奪ってから10年後の1447年、エルダカールによってオスギリアスに攻め込まれる。[[レベンニン]]の[[エルイ]]の橋の合戦で、カスタミアはエルダカールに討ち取られた。しかしカスタミアの息子達は[[ウンバール]]に逃げ込み、以後ゴンドールと対立を続けた。
やがて、[[カスタミア]]の子孫の率いる[[海賊]]は、1634年には[[ミナルディル]]を殺害することになる。だが[[テルメフタール・ウンバールダキル>テルメフタール]]が[[ウンバール]]を奪取した時に、カスタミアの曾孫[[アンガマイテ]]と[[サンガヒャンド]]を殺し、カスタミアの子孫は死に絶えた。

** コメント [#n5e9cbac]

#pcomment_nospam(,6,,,,,reply)