* オーク [#ufe6bdf9]
** 概要 [#z9a6dc45]

|~カテゴリー|種族|
|~スペル|Orc((元来『ベーオウルフ』に登場する[[古英語]]のorc-nass、orc=pyrsから取られた))|
|~その他の呼び名|[[ゴブリン]]、オルフ(orch)((複数形イルフ(yrch) ))、ブラルム(burárum)|

** 解説 [#x997f837]

[[第一紀]]に[[モルゴス]]が、自分の奴隷とするために捕らえた[[エルフ]]を堕落させて作った存在であると言われる。
([[追補編]]によると)オークという言葉は[[ローハン語]]が語源であり、そのまま[[西方語]]の言葉として使われるようになった。[[エルフ語]]ではオルフ(複数形イルフ)と呼ばれ、これが語源と考えられる。エントには[[ブラルム]]と呼ばれている。
オークに相当する英語は[[ゴブリン]]だが、本当に適切なものではない)。

** 特徴 [#ce212b85]

:外見|~([[人間]]から見ると)醜い外見。だが比較的[[人間]]に似ている。
:能力|~知識は高くなくても知能は低くはなく、実用主義の武具や道具などを作り、それで武装する。寿命はあるが、暴力的な生涯のために寿命を全うすることは滅多にない。持久力は高いが、[[太陽]]の光を忌む。
:文明・文化|~好戦的で、しょっちゅう争いに身を置いている。農耕や狩猟より略奪を好む。オークのみでは大きな国家というものは作らず、部族単位で力によって支配された集団を作るが、[[冥王]]の意志の下に隷属している。
:住居|~洞窟などに住むことが多い。[[ドワーフ]]の住居を奪って住み着くこともある。
:歴史|~[[第一紀]]は[[モルゴス]]の下に束ねられていた。[[第二紀]]は[[サウロン]]がその跡を継いだが、[[サウロン]]の最初の敗北後は小さな集団ごとにばらばらになる。[[サウロン]]が[[中つ国]]に帰還すると再びその意志の下で動くようになった。だが一部は[[サルマン]]に取り込まれた。
:氏族|~[[ウルク=ハイ]]([[ウルク]])はオークを強化した種族である。また小型のオークは[[スナガ]]と呼ばれる。
:言語|~[[オーク語]]は部族同士で方言が酷かった。そのため、オークが他の部族のオークと会話するときには[[西方語]]を使っている。
:偏見|~[[エルフ]]を憎み、極度に恐れる。他の種族の全て(あるいは自分の種族も)を憎み、[[冥王]]や[[モルドール]]の力を恐れながらもそれに付き従う。[[アイゼンガルド]]のオークは[[サルマン]]に従属している。

** コメント [#k72fd4a5]

- あんなに美しいエルフがオークのような醜いやつになるなんて・・・
- オーク女性を探しています。 -- ムテゲ
- 映画TTTでは共食いまでしていた。オーク肉はオークが食っても不味そうだと思ったが、Nethack(というゲーム)でさんざんオーク肉を食っていたのを思い出した(笑)。 -- 都々目さとし
- 映画のオークは(醜い点以外は)ほぼ人間型ですが、伝承などに残っている彼らは本当は豚顔なんですよね。映画から入った人には意外と知らない人が多くてビックリ。 -- えぞあかげら
- ↑教授はオーク(悪鬼だったか)の意味だけをとったのだと思います。
王の帰還のオークは結構強くなっている。野生のオークとかスナガと比べるとモルドールのオークは強いんだろうか。
- やられるためだけにいるような感じがする
- 王の帰還のオークは、戦闘訓練を受け武器、鎧も全て新品だそうです(そうは見えないけど)。 -- イシルドゥア
- ↑「王の帰還」のオークはウルク=ハイという大柄で日光を恐れない、品種改良されたものと思われます。サルマンも一部使用していました。(ボロミアを殺した部隊がそう)モリアに出てきたオークが原種というか、所謂普通のオークとなります。 -- ボリーの用心棒
- シルマリルにおいては「オークはエルフだった」ということが明言されていますが、HoME10にはそれはあくまで信じられていたことであって、実際は違うというようなことが書かれているそうです。
教授がエルフ起源説を後悔したという話もあるらしいので、この説を直そうとして、結局直すまでには至らなかったのかもしれません。
- オークに男女の別があるのなら、オークの夫婦は毎日夫婦減価しているに違いない。 --  &new{2007-07-17 (火) 12:48:23};
- 「やつらの喰っとるのは、いっとくが、オーク肉に違えねえ。」とウグルクに言われたオークが怒ってる様子なので、普通は共食いをしないのだろうと思った。 --  &new{2007-10-03 (水) 18:31:08};
- サウロンが倒れても倒れても軍を再編成できた裏には、オークの数的優位が常にあった。モルゴスもよくもまあこんな劣悪な環境に強い種族を「創造」したものです。 -- 「ど」の字 &new{2007-11-28 (水) 19:37:33};

#comment