#author("2020-01-02T11:28:53+09:00;2019-01-05T04:47:49+09:00","","")
-アルノール4代目の王エルダカール(Eldacar)については、[[エルダカール(ヴァランディルの息子)]]を参照してください。
----
* エルダカール [#f40f3c99]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[人名]]|
|~スペル|Eldacar|
|~その他の呼び名|ヴィニサールヤ(Vinitharya)|
|~種族|[[人間]]([[ドゥーネダイン]]と[[北国人]]の混血)|
|~性別|男|
|~生没年|[[第三紀]](1255)-1490(享年235)。在位1432-1437及び1447-1490(通算48年間)|
|~生没年|[[第三紀]](1255)~1490年(享年235)|
|~親|[[ヴァラカール]](父)、[[ヴィドゥマヴィ]](母)|
|~兄弟||
|~配偶者||
|~子|[[オルネンディル]]、[[アルダミア>アルダミア(エルダカールの息子)]](息子)|

** 解説 [#Explanation]

|>|>|~[[ゴンドール]]の王|h
|CENTER:第20代&br;[[ヴァラカール]]&br;1366~1432|CENTER:第21代&br;''エルダカール''&br;ヴィニサールヤ&br;[[第三紀]]1432~1437年(5年間)|CENTER:第22代&br;[[カスタミア]]&br;1437~1447|
|CENTER:第22代&br;[[カスタミア]]&br;1437~1447|CENTER:第21代(復位)&br;''エルダカール''&br;1447~1490年(43年間)|CENTER:第23代&br;[[アルダミア>アルダミア(エルダカールの息子)]]&br;1490~1540|

[[ゴンドール]]の王[[ヴァラカール]]と[[北国人]]の[[ヴィドゥマヴィ]]の息子。幼名はヴィニサールヤ。息子は[[オルネンディル]]と[[アルダミア>アルダミア(エルダカールの息子)]]。

[[第三紀]]1432年に亡父を継ぎ[[ゴンドール]]21代目の王として戴冠するが、エルダカールは[[北国人]]との混血であったため、北国人を白眼視する[[ゴンドール]]の[[ドゥーネダイン]]の反発にあい、[[カスタミア]]の反乱が発生する。
1437年、反乱軍によって[[オスギリアス]]は包囲されたが、エルダカールは敵の目を逃れて脱出(だが、その時カスタミアに捕らえられた[[オルネンディル]]が殺された)。エルダカールは母方の国である、北方の[[ロヴァニオン]]に亡命する。
エルダカールは人望を示して、その地で反カスタミア勢力を糾合し、やがて1447年にゴンドールに攻め込む。エルダカールは[[レベンニン]]の[[エルイ]]の橋でカスタミアの軍を撃破、自らカスタミアを討ち取って息子の仇を取り、ゴンドールの王に復位した。だが、カスタミアの息子と反乱軍の残党は[[ウンバール]]に逃れ、ゴンドールに反旗を翻し続けた。
[[第三紀]]1432年に亡父を継ぎ[[ゴンドール]]21代目の王として戴冠するが、エルダカールは[[北国人]]との混血であったため、[[ヌーメノール]]の血が薄れるのを恐れる者や、北国人を白眼視する[[ゴンドール]]の一部[[ドゥーネダイン]]の反発にあい、[[カスタミア]]の反乱が発生する([[同族の争い]])。
1437年、反乱軍によって[[オスギリアス]]は包囲されたが、エルダカールは敵の目を逃れて脱出(だが、その時カスタミアに捕らえられた長男[[オルネンディル]]が殺された)。脱出後、エルダカールは母方の国である、北方の[[ロヴァニオン]]に亡命する。
エルダカールは人望を示して、その地で反カスタミア勢力を糾合し、やがて1447年にゴンドールに攻め込む。エルダカールは[[レベンニン]]の[[エルイの渡し]]の合戦でカスタミアの軍を撃破、自らカスタミアを討ち取って息子の仇を取り、ゴンドールの王に復位した。だが、カスタミアの息子と反乱軍の残党は[[ウンバール]]に逃れ、ゴンドールに反旗を翻し続けた。

エルダカールの死後、ゴンドールの王位は次男の[[アルダミア>アルダミア(エルダカールの息子)]]が継承した。

また、エルダカールの親類から[[ロヴァニオン]]王家が出て、さらに[[エオル>エオル(レオドの息子)]]王家に繋がっているとも言われる。母方の祖父にあたる[[ヴィドゥガヴィア]]を参照。

** コメント [#Comment]

#pcomment_nospam(,,,,,,reply)
#pcomment(,,,,,,reply)