#author("2020-01-02T12:21:35+09:00;2019-10-06T03:27:45+09:00","","")
-第一紀のゴンドリンの大将エクセリオン(Ecthelion)については、[[エクセリオン]]を参照してください。
-ゴンドールの統治権を持つ17代目の執政で、ゴンドールの白の塔([[エクセリオンの塔]])を再建したエクセリオン一世(Ecthelion I)については[[エクセリオン一世]]を参照してください。
-ゴンドールの統治権を持つ17代目の執政で白の塔を再建したエクセリオン一世(Ecthelion I)については、[[エクセリオン一世]]を参照してください。
----
* エクセリオン二世 [#e9951695]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[人名]]|
|~スペル|Ecthelion II|
|~その他の呼び名||
|~種族|[[人間]]([[ドゥーネダイン]])|
|~性別|男|
|~生没年|[[第三紀]](2886)~2984(享年98)。執杖2953~2984(31年間)|
|~生没年|[[第三紀]](2886)~2984年(享年98)|
|~親|[[トゥアゴン>トゥアゴン(トゥーリン二世の息子)]](父)|
|~兄弟||
|~配偶者||
|~子|[[デネソール二世]](息子)|

** 解説 [#Explanation]

[[ゴンドール]]の統治権を持つ25代目の[[執政]]。[[指輪戦争]]の時の執政[[デネソール二世]]の父。
|>|>|~[[ゴンドール]]の[[統治権を持つ執政>執政#u6c07482]]|h
|CENTER:第24代&br;[[トゥアゴン>トゥアゴン(トゥーリン二世の息子)]]&br;2914~2953|CENTER:第25代&br;''エクセリオン二世''&br;[[第三紀]]2953~2984年(31年間)|CENTER:第26代&br;[[デネソール二世]]&br;2984~3019|

2954年に[[サウロン]]が帰還した[[モルドール]]で[[滅びの山]]が噴火し、[[イシリアン]]に残っていた最後の住民も[[アンドゥイン]]の西側へ避難した。彼は[[モルドール]]の襲撃に備えて[[ゴンドール]]の防備を強化するため、様々な人物を登用し、優秀な人材であれば出自を問わず重用した。その中で最も優れていたのが[[ソロンギル>アラゴルン二世]]であり、エクセリオンは彼の忠告を受けて小艦隊を[[ウンバール]]に派遣する許可を与えた。その結果ソロンギルはウンバールの船の大半を破壊し、僅かな被害を受けただけで撤収するという大勝利を上げ、ゴンドール南部沿岸地方の危険が大幅に軽減された。
[[ゴンドール]]の統治権を持つ25代目の[[執政]]。[[指輪戦争]]の時の執政[[デネソール二世]]の父。叡智の人とされる。

エクセリオンの統治が始まって間もない2954年に、[[サウロン]]が帰還した[[モルドール]]で[[滅びの山]]が噴火し、[[イシリアン]]に残っていた最後の住民も[[アンドゥイン]]の西側へ避難した。エクセリオンは[[モルドール]]の襲撃に備えて国の防備を強化し、そのために出自を問わず様々な人物を登用して、優秀な人材であれば重用した。その中で最も優れていたのが、以前には[[ローハン]]の[[センゲル]]王に仕えていた[[ソロンギル>アラゴルン二世]]であった。エクセリオンは彼の忠告を受け、小艦隊を[[ウンバール]]に派遣する許可を彼に与えた。その結果、ソロンギルはウンバールの[[海賊]]の船の大半を破壊し、僅かな損失のみで撤収に成功するという大勝利を上げ、ゴンドール南部沿岸地方の危険が大幅に軽減された。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)
#pcomment(,,,,,,reply)