* アンカラゴン [#ed8a3f99]
** 概要 [#o40594ea]

|~カテゴリー|人名|
|~スペル|Ancalagon|
|~その他の呼び名|黒竜(the Black)|
|~種族|[[龍]]|
|~性別|不明|
|~生没年|不明|
|~親|不明|
|~兄弟|不明|
|~配偶者|不明|
|~子|不明|

** 解説 [#ped8f6eb]

[[シンダール語]]で「突進する顎」の意。史上最大の有翼の[[龍]]。
[[第一紀]]末、[[アングバンド]]が[[ヴァラール]]軍によって攻撃されたとき([[怒りの戦い]])に出現して、一時ヴァラール軍を押し戻すほどの脅威となった。だが、[[エアレンディル>エアレンディル(トゥオルの息子)]]によって殺される。アンカラゴンの死体は[[サンゴロドリム]]の塔に落ちて、これを破壊した。

** コメント [#o7bd7ef0]

- 最強生物。けど1ページにも満たないで殺される。活動したのは半日くらい?
- ガンダルフは強力な火炎の例えとしてこいつの炎を挙げている。
- こいつの墜落でサンゴロドリムは崩壊するとは・・・どれだけでかかったんだろうかこいつは。
- ↑そうだとすれば翼長は5~6千メートル以上だと思われる。
- エアレンディルってどうやってアンカラゴンを倒したんだろう。
- ただでかいだけで馬鹿だったんですかね?
- 戦艦大和を思い起こさせる。モルゴスとしては、頼りにしていたのであろうが…。
- アングバンドに迫っていたヴァラールの軍を窮地に追い込んだし、かなりの活躍はしたんでしょうね。龍はバルログよりも強いのだし。
- ↑(4つ上)やはり弱点を狙って弓を射掛けたとか。 -- エグゼクター
- アングバンドのどこに入れてたんでしょうかね。
- ↑↑きっと大事な部分を狙ったんでしょう。こいつが雄だとすればね。 -- ホビット &new{2008-08-15 (金) 16:33:07};
- ヴィンギロトに乗ったエアレンディルとアンカラゴンの戦いを見てみたい。実際にその場にいれば見物どころではないだろうが・・・ --  &new{2008-08-29 (金) 11:31:47};
- ↑(8つ上)空飛ぶ船ヴィンギロトで衝角突撃した、とか・・・?サイズがでかすぎますから。でもヴィンギロドに衝角があるなんて聞いたこと無いなぁ --  &new{2008-10-31 (金) 01:39:16};
- シルマリルの輝きに眼が眩んで(視覚を奪われる意味で)落っこちただけだったりして…(さすがにそれはナイな) --  &new{2008-10-31 (金) 20:11:50};
- 宇宙戦艦対巨大怪獣? --  &new{2008-10-31 (金) 23:47:40};
- ウンゴリアントでも勝てなかっただろうね。 -- ホビット &new{2008-12-31 (水) 21:30:59};
- グラウルングとアンカラゴンどちらがつよかったのだろう?ミラルーツとミラボレアス・・・・。 -- サウロン &new{2009-06-24 (水) 19:45:01};
- 単純に竜としての肉体的な強さなら、グラウルングはアンカラゴン達翼ある竜たちにはかなわないような気がします。ただ、グラウルングの真の恐ろしさはむしろモルゴス直伝の呪いの魔力にこそあるような気がするので、強さのベクトルの違いから、単純な比較は難しいのかもしれません。 --  &new{2009-06-25 (木) 01:00:37};
- グラウルングの魔力は恐ろしい・・・。記憶を消したり、金縛りにあわせたり。他にどんなこと凄いことが出来たのか。 -- サウロン &new{2009-06-25 (木) 18:00:30};

#pcomment(,6,,,,,reply)
#pcomment_nospam(,6,,,,,reply)