#author("2021-08-14T18:15:29+09:00;2021-06-27T21:53:28+09:00","","")
* アウレ [#k6d943cd]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[人名]]|
|~スペル|Aulë|
|~その他の呼び名|工人(the Smith) &br; マハル(Mahal)|
|~種族|[[ヴァラール]]|
|~その他の呼び名|鍛冶神アウレ(Aulë the Smith) &br; 造り主アウレ、作り手アウレ(Aulë the Maker) &br; マハル(Mahal)|
|~種族|[[アイヌア]]([[ヴァラール]])|
|~性別|男|
|~生没年||
|~親|[[イルーヴァタール]]|
|~兄弟||
|~配偶者|[[ヤヴァンナ]]|
|~子||

** 解説 [#Explanation]

[[アラタール>ヴァラール#Aratar]]の一人に数えられる[[ヴァラ]]。后は[[ヤヴァンナ]]。[[ドワーフ]]からは''マハル''と呼ばれる。
[[マンウェ]]や[[ウルモ]]と共に[[アルダ]]創造時に中心的な役割を果たしたヴァラで、陸地とすべての物質を形成した偉大な''工人''である。アウレはあらゆる技術に精通しており、さまざまな細工物や建造物を造り出し、惜しげもなく人に与え、また技を教えることを喜んだ。
独断で[[ドワーフ]]を生み出した者であり、また[[アマン]]にやってきた[[ノルドール]]の友である。
[[アラタール>ヴァラール#Aratar]]の一人に数えられる[[ヴァラ]]。妃は[[ヤヴァンナ]]。
[[マンウェ]]や[[ウルモ]]と共に[[アルダ]]創造時に中心的な役割を果たしたヴァラで、陸地とすべての物質を形成した偉大な工人。独断で[[ドワーフ]]を生み出した者であり、また[[アマン]]にやってきた[[ノルドール]]の友となった。

[[メルコール]]とは互いに似通った才能と発想を持ち、アルダの草創期から常に敵対関係にある。メルコールは嫉妬と所有欲に身を焦がしたのに対し、アウレは作ることそのものを喜びとし、自らの制作物を所有することも支配することも望まなかった。
だがアウレは、次第にメルコールがアルダに加える損害を補修することに疲れていったという。
>かれの支配力は、アルダを造るすべての物質に及んでいる。 … すべての陸地を形成したのはかれである。かれは工人で、あらゆる技能に熟達している。そしてかれは、巧みな手の技を必要とする仕事であれば、いかに小さな細工物であろうと、原初の時の巨大な造成工事に&ruby(いだ){懐};いたのと変わらぬ喜びを感ずるのである。((『[[シルマリルの物語]]』「[[ヴァラクウェンタ]]」))

*** ドワーフの誕生 [#uc3b4adb]
*** アルダの工人 [#w1271b4f]

アウレは自らの教え子となる[[イルーヴァタールの子ら]]の到来を待望し、また[[中つ国]]が空虚なまま打ち捨てられていることに心を懸けるあまり、独断で[[ドワーフ]]の七人の父祖を作り世に送り出そうとする。
だがそれは直ちに[[イルーヴァタール]]に見とがめられ、その真意を問いただされる。
[[メルコール>モルゴス]]とは互いに似通った才能と発想を持ち、アルダの草創期から常に敵対関係にある。メルコールは嫉妬と所有欲に身を焦がしたのに対し、アウレは作ることそのものを喜びとし、自らの制作物を所有することも支配することも望まなかった。だがアウレは、次第にメルコールがアルダに加える損害を補修することに疲れていった。
そのため、[[ヴァラール]]が[[力の戦い]]を起こすことを決定した時は、アルダに損傷が加えられることに悲しんだ。

>「…… しかし、ものを創るということは、わたくしの気持ちとしましては、わたくし自身があなたによって創られたことから出ているのでございます。父親のなすことを真似て遊ぶ、分別もゆかぬ子供は、悪ふざけで真似ているのではなく、父の息子だからそうするのでございます。 ……」((『[[シルマリルの物語]]』「第二章 アウレとヤヴァンナのこと」 イルーヴァタールに応えるアウレの言葉。))
アウレはあらゆる技術に精通しており、さまざまな細工物や建造物を造り出し、惜しげもなく人に与え、また技を教えることを喜んだ。
[[二つの灯火]]の柱を築いたのはアウレだった。[[メルコール>モルゴス]]を二度捕縛することになる[[アンガイノール]]の鎖を造ったのもアウレであった。
[[ヴァリノール]]でも彼は営々として働き、その中心にアウレの館があった。[[ノルドール]]がアマンにやってくると、アウレとその民はノルドールの最も親しい友となり、かれらに様々な技術を教えた。
[[テルペリオン]]と[[ラウレリン]]の最後の花と果実である[[月]]と[[太陽]]は、アウレとその民が築いた容れ物に入れられている。

アウレは涙を流し大きな槌でドワーフの父祖らを叩き壊そうとしたものの、父祖たちが身をすくめて恐れる様子を見せたのを目にしたイルーヴァタールは、すでにドワーフがかれら自身の命を持っていることをアウレに告げ、アウレを赦し、ドワーフの存在を嘉納した。
そこでアウレは父祖らを中つ国のそれぞれの場所に連れて行って眠らせ、かくしてドワーフは[[エルフ]]の次に[[中つ国]]に誕生することになった。
またこの一件のためドワーフは「イルーヴァタールの養い子」と呼ばれる。
*** ドワーフの作り手 [#uc3b4adb]

アウレは自らの教え子となる[[イルーヴァタールの子ら]]の到来を待望し、また[[中つ国]]が空虚なまま打ち捨てられていることに心を懸けるあまり、独断で[[ドワーフ]]の七人の父祖を作り世に送り出そうとした。
だがそれは直ちに[[イルーヴァタール]]に見とがめられ、その真意を問いただされた。

>「しかし、ものを創るということは、わたくしの気持としましては、わたくし自身が[[あなた>イルーヴァタール]]によって創られたことから出ているのでございます。父親のなすことを真似て遊ぶ、分別もゆかぬ子供は、悪ふざけで真似ているのではなく、父の息子だからそうするのでございます。」((『[[シルマリルの物語]]』「アウレとヤヴァンナのこと」 イルーヴァタールに応えるアウレの言葉。))

アウレは涙を流し大きな槌でドワーフの父祖らを叩き壊そうとしたものの、父祖たちが身をすくめて恐れ、慈悲を乞う様子を見せたのを目にしたイルーヴァタールは、すでにドワーフがかれら自身の命を持っていることをアウレに告げ、アウレを赦し、ドワーフの存在を嘉納した。
そこでアウレは父祖らを[[中つ国]]に連れて行って眠らせ、かくしてドワーフは[[エルフ]]の次に中つ国に誕生することになった。この一件のためドワーフは「イルーヴァタールの養い子」と呼ばれる。

[[ドワーフ]]はアウレを''マハル''と呼んで尊崇し、死後は自分たちのために特別に用意された[[マンドスの館]]にアウレの手によって連れて行かれるのだと信じていた。[[クズドゥル]]はアウレがドワーフのために考案して与えた言語だといわれる。

** アウレの民の[[マイアール]] [#u9d54b88]

アウレの民として言及があるのは以下のマイアールである。

-[[サウロン]]
かつてはアウレの民であった。[[モルゴス]]の最も力のある召使。
かつてはアウレの民の中でも力あるものであった。
-[[クルモ]]
技巧者の意。
技巧者の意。後の[[サルマン]]。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)
#pcomment(,,,,,,reply)