* しだ家のビル [#k294b1a2]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[人名]]|
|~スペル|Bill Ferny|
|~その他の呼び名||
|~種族|[[人間]]|
|~性別|男|
|~生没年|不明|
|~親|不明|
|~兄弟|不明|
|~配偶者|不明|
|~子|不明|

** 解説 [#Explanation]

[[ブリー村]]に住む[[人間]]。肌は浅黒く(swarthy)、黒っぽい目(dark eyes)にもじゃもじゃの黒い眉毛(heavy black brows)と大きい口を持つ。
[[ブリー郷]]では非常に悪名が高く、よそ者と通じていたことで知られていた。[[躍る小馬亭]]での[[ホビット]]達の情報を、[[黒の乗手]]もしくはその配下に流したと思われる。さらにビルは黒の乗手、[[サウロン]]の手先だけではなく、[[サルマン]]の配下とも通じていた。また[[フロド>フロド・バギンズ]]達と[[馳夫>アラゴルン二世]]が[[ブリー村]]を去るとき、自分が飼っていた老いぼれの[[小馬]]([[ビル]])を、高額(相場の約3倍とされる銀貨12枚)でフロド達に売りつけた。

フロドたちが去った後、[[ブリー村]]で死人を出した乱闘騒ぎがあったとき、ビルは[[山羊葉のハリー]]やよそ者たちと共に姿を消す。だがフロドたちが[[ホビット庄]]に帰還すると、サルマン配下のごろつきとして[[ブランディワイン橋]]に建てられた門の門衛をしていた。[[メリー>メリアドク・ブランディバック]]から門を開けるよう脅されると、錠を外して逃亡した。その後の消息は不明。
フロドたちが去った後、[[ブリー村]]で死人を出した乱闘騒ぎがあったとき、ビルは[[山羊葉のハリー]]やよそ者たちと共に姿を消す。だがフロドたちが[[ホビット庄]]に帰還すると、ビルはサルマン配下のごろつきとして、[[ブランディワイン橋]]に建てられた門の門衛をしていた。ビルは[[メリー>メリアドク・ブランディバック]]から門を開けるよう脅されると、錠を外して逃亡した。その後の消息は不明。

** 映画『[[ホビット>ホビット(映画)]]』における設定 [#Hobbitmovie]

『竜に奪われた王国』の[[躍る小馬亭]]のシーンで、このビルの父とされる人物(Bill Ferny Snr)が、賞金のかけられた[[トーリン二世]]を見ていたということになっている。

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,noname,,,,reply)