#author("2021-08-21T01:49:05+09:00;2019-06-18T21:50:47+09:00","","")
* あやめ野 [#zd3194e7]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[地名]]|
|~スペル|Gladden Fields|
|~その他の呼び名|ロイグ・ニングロロン(Loeg Ningloron)|
|~異訳|嬉し野(([[旧版]]の訳。Gladdenを直訳したことによる誤り。))|
|~その他の呼び名|ロイグ・ニングロロン (Loeg Ningloron)|

** 解説 [#Explanation]

シンダール語の地名で「金色の水辺の花の生うる地」の意である「ロイグ・ニングロロン」の部分的訳名。[[アンドゥイン]]のほとり、人の背丈よりも高いあやめが生い茂った大湿原。ここで[[イシルドゥア]]が命を落として[[一つの指輪]]が失われ、後に[[ゴクリ]]がその指輪を見出した。
[[旧版]]では「嬉し野」と表記されていたが、Gladdenの解釈を誤った誤訳。実際にはgladdenはirisの意味となっている。
[[アンドゥイン]]と[[あやめ川]]の合流点に広がる、葦と[[あやめ]]が多く生える地。
[[イシルドゥア]]が[[オーク]]の攻撃で命を落として[[一つの指輪]]が失われた場所(あやめ野の凶事)。後に[[デアゴル]]がこの地の川底から一つの指輪を発見した。

** コメント [#Comments]
*** 『[[終わらざりし物語]]』での記述 [#r0cb673f]

#pcomment_nospam(,,noname,,,,reply)
元々ここは[[アンドゥイン]]の途中にある、西寄りに広がる湖だったが、やがて葦、藺草、人よりも高く育つ黄色い[[あやめ]]が生える大湿原となった(後に湿原は東方向へ縮小した)。
[[シンダール語]]での名は「金色の水辺の花の生うる沢(Pools of the golden water-flowers)」の意味である''ロイグ・ニングロロン''であり、「あやめ野」はその部分的訳名。これらの名はこの地に生える黄色いあやめに由来する。

>[[上古]]の世の[[シルヴァン・エルフ]]が最初に住みついたところは、北方から下ってくる[[アンドゥイン]]の、最も流れの速いあたり、およそ七十マイルにわたるところで、大きなくぼみに流れ込んでできた湖で、ここで[[霧ふり山脈]]から勢いよく下ってきた[[あやめ川(シーア・ニングロール)>あやめ川]]の急流が合流していた。谷の東側の方が険しくきり立っていたので、湖はアンドゥインの西に広がっていた。しかしおそらく、東側も(まだ木の生えていた)[[〈森〉>闇の森]]からの長い斜面の麓まで達していて、その葦の生い茂る境界は斜面がゆるやかになることで区別でき、[[イシルドゥア]]のたどった道のすこし南になる。湖は大湿原となり、その中の、数知れぬ小島や、広い葦や&ruby(いぐさ){藺草};の原や、あやめ野の大群生地の間を、川はさまよい流れた。人の背よりも高く育つこの黄色い[[あやめ]]が、その一帯と山脈に源を発する川の名前の元となった。この川の下流であやめが最も密に生えているのである。しかし湿原は東に後退し、低い斜面の麓には広い平地ができて、草や背の低い藺草に覆われ、人でも歩けるようになった。((『[[終わらざりし物語]]』「あやめ野の凶事」註一三))

** ゲーム『[[ロード・オブ・ザ・リングス オンライン]]』における設定 [#LotRO]

&ref(ScreenShot_2019-06-18_213243_0.jpg,,10%,『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるあやめ野); &ref(ScreenShot_2019-06-18_192304_0.jpg,,10%,『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるあやめ野);

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,,,,,reply)