* ヒスルム [#d33d90ce]
** 概要 [#qa44302e]

|~カテゴリー|地名|
|~スペル|Hithlum|
|~その他の呼び名|ヒーシローメ(Hísilómë)|

** 解説 [#qe301bc1]

[[シンダール語]]で「霧の国」の意。[[クウェンヤ]]ではヒーシローメと呼ばれる。[[ベレリアンド]]の、東と西を[[エレド・ウェスリン]]に、西を[[エレド・ローミン]]の山脈によって囲まれた広大な地域。南部は[[ドル=ローミン]]、南東部は湖を挟んで[[ミスリム]]と呼ばれる。
[[フェアノール]]らが上陸した地。その時[[モルゴス]]が送ってきた雲に由来してヒーシローメの名がつけられるが、その後シンダール語のヒスルムの名で呼ばれるようになる。

この地は[[ダゴール=ヌイン=ギリアス]]の舞台となり、[[フェアノール]]の息子たちが野営地を築いた。その後は[[フィンゴルフィン]]と[[フィンゴン]]が統治する土地となり、後にドル=ローミンは[[エダイン]]である[[ハドル>ハドル(ハソルの息子)]]家の領地として与えられた。
[[ダゴール・ブラゴルラハ]]でこの地は[[モルゴス]]に攻撃されるようになり、[[エレド・ウェスリン]]で戦闘が行われた。さらに山脈を迂回してきた敵によって北からも攻撃される。だが[[フィンゴルフィン]]の死後王位を継承した[[フィンゴン]]が、[[キーアダン]]の援助を得て攻撃を撃退した。
しかし[[ニアナイス・アルノイディアド]]によって[[フィンゴン]]の王国は滅び、[[ハドル家>ハドル(ハソルの息子)#q65837b9]]の戦士たちの大多数も討ち死にした。そのため[[東夷]]と[[オーク]]が侵入してきて、この地に残った僅かな[[エルフ]]とハドル家の生き残りは迫害された。

** コメント [#c7270a1d]

#pcomment_nospam(,6,,,,,reply)