#author("2018-01-19T22:53:51+09:00","","")
#author("2021-06-22T00:17:23+09:00","","")
[[ヴァリアグ]]

-出来るなら、出来るなら彼らを映画に出してやって欲しい! -- ローハンの少年
--ウーヴァタもヴァリアグの出身だし、映画に出てきて欲しいよねv -- かごめ
-私的には東夷がトルコ系やモンゴル系の民族、ヴァリアグがアラブ人、ハラドリムがアフリカの黒人にあたると思う。 -- ホビット &new{2008-11-24 (月) 16:40:36};
--西方から見た典型的な東夷=野蛮人だね。 --  &new{2012-04-12 (木) 18:58:31};
-「光を忌む」という設定があったような。人間ではないのかも --  &new{2010-12-04 (土) 18:50:18};
--ペレンノール野の合戦で、ハンドのヴァリアグとしか言及されないので、ムマキルのような動物である可能性もある。1944年のハラド軍も、カンド人(ハンド人)と近ハラド人であって、ヴァリアグとはいっていない。 --  &new{2015-05-29 (金) 01:08:07};
--頭から爪先まで全身を衣服で覆ってて、素肌を隠してるからそう思われてるってだけかも --  &new{2017-11-25 (土) 22:34:04};
-ホビットみたいな人間の亜種なのかも。或いは夜行性の動物とか --  &new{2015-12-19 (土) 00:28:57};
--太陽の光を浴びるとファビョルのかな? --  &new{2017-05-06 (土) 22:59:53};
-薩摩隼人? --  &new{2017-06-26 (月) 23:40:38};
--薩摩隼人って太陽光に弱いの? --  &new{2017-06-27 (火) 13:32:11};
---太陽光は知らんが、ゴンドールを大和政権に見立てた時に、都から遠くて隔絶された所に住んでる辺りが似てるかなって。強そうだし --  &new{2017-06-27 (火) 18:41:20};
--流石に違うやろ。隼人は大和朝廷に古くから仕えていたし。まあそもそも教授がそう考えるわけもなし。 --  &new{2017-10-18 (水) 11:34:43};
-ゴウル・イトー・・・伊藤さん? --  &new{2017-11-25 (土) 23:23:57};
-指輪物語自体がそもそも西方世界のホビット視点で作り上げたものだと考えると悪しき様に書かれたのかもしれない --  &new{2018-01-19 (金) 22:53:51};
---まさにその通りだと思う。彼らもトロルやオークと同じ扱いにされるのは心外だろう。 --  &new{2019-03-26 (火) 01:03:20};
---実際遠ハラドとか南方では太陽の光が強い、と描写ありますしね。
強い日光から日焼けや熱中症を防ぐための衣装や装備なのに、なまじっかモルドールに組してオークと共にいたりするから変な誤解を招いたんではないかなー。 --  &new{2021-06-19 (土) 15:18:33};
-またコメント消されてんの?
てか消さなきゃならないようなコメントなら初めからするなよ...。
更新かと思ったら、ただ文消されただけとかガッカリなんだよな。 --  &new{2021-06-21 (月) 09:39:28};
-“終わらざりし物語”でハンド人は馬車族と初めは対立したが、やがてゴンドールの敵同士として講和と同盟を結んだ…とあるけど。
そもそもなぜモルドールを挟んで反対側に位置するハンドとゴンドールが敵対したのだろうか。それも敵だった馬車族と手を結ぶくらいの怨恨を抱くまで。
もしかしたら、ハンドは馬車族(東夷)に敗れて従属的な同盟を結び、彼らから支配階級として送り込まれた戦士階級に隷属するしかなくなったりしてないかな。
その戦士階級こそが後のヴァリアグである、みたいな想像をしてみた。 --  &new{2021-06-21 (月) 13:11:48};