#author("2020-02-27T22:22:31+09:00;2019-12-02T01:30:31+09:00","","")
-イシリアンで活動するゴンドールの偵察隊については、[[イシリアンの野伏]]を参照してください。
----
* &ruby(のぶせ){野伏}; [#s29ae472]
** 概要 [#sef2ba67]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|種族|
|~スペル|Ranger|
|~異訳|さすらい人|
|~その他の呼び名||
|~カテゴリー|[[役職・組織・団体]]|
|~スペル|Rangers|
|~異訳|さすらい人((映画『[[ロード・オブ・ザ・リング]]』での訳))、レンジャー|
|~その他の呼び名|北方の野伏、北の国の野伏(Rangers of the North) &br;北方のドゥーネダイン、北の国のドゥーネダイン(Dúnedain of the North)|

** 解説 [#ab922de6]
** 解説 [#Explanation]

主に北方の流浪の[[ドゥーネダイン]]の俗称。『[[ロード・オブ・ザ・リング]]』では「さすらい人」と訳されている。
[[北方王国]]の滅亡後、生き残った[[エリアドール]]のドゥーネダインは、「ドゥーネダインの族長」である[[イシルドゥア]]の直系の者によって束ねられ、[[エルロンド]]らと協力しながら北方の[[サウロン]]の残党と戦い続けた。以後彼らは野伏と呼ばれ、その土地の人々に訝しがられながらもさまざまな土地を放浪し、人知られず人々を守った。
[[エリアドール]]における流浪の[[ドゥーネダイン]]の呼び名。

>しかし[[ブリー村]]の先の荒れ果てた土地には、得体の知れない放浪の民がいました。ブリー村の人々はかれらのことを野伏と呼び、彼らの素性については何一つ知りませんでした。かれらはブリー村の[[人間]]たちよりも背が高く、色は黒く、ふしぎな視力と聴力をもち、鳥や獣の言葉を解すると信じられていました。かれらは思いのままに南にさすらい東にさすらい、[[霧ふり山脈]]にまでも足をのばしました。しかし今ではかれらはごく少人数で、その姿を見かけることも稀になりました。かれらが姿を見せるときには、遠い国々の噂をもたらし、すでに忘れられた数々のふしぎな話をきかせてくれるので、ブリー村の住人たちは熱心にそれらの話に聴き入ったのですが、それ以上かれらと親しくしようとはしませんでした。((『[[旅の仲間]]』[[塚山丘陵]]を抜けた後、[[ブリー村]]へ向かう道中での解説))
[[北方王国]]の滅亡後、生き残った同国のドゥーネダインは王統である[[イシルドゥア]]の世継を族長として戴き、[[エルロンド]]をはじめ[[裂け谷]]の[[エルフ]]らと協力しながら北方に残る[[サウロン]]の下僕と戦い続けた。以後彼らは野伏と呼ばれる放浪の民となり、その土地の人々に訝しがられながらも人知れずかれらを守ることを任務とした。

>「しかし、ふるさとというものがもしわたしにあるとすれば、それはここ北方の地にある。なぜなら、[[ヴァランディル>ヴァランディル(イシルドゥアの息子)]]の世襲たちは、父から子へと何世代にもわたって途切れることなくずっとこの地に住まってきたからだ。われらの時代は暗くなり、われらの数もへった。しかし剣は次々と新たな持ち主へ渡されてきた。[[ボロミア]]よ、最後にこれだけ申し上げよう。われら荒野の野伏たちは、孤独な人間だ。われらは野伏であり、狩猟者である――といっても、常にわれらの敵の召使どもを追い求める狩猟者なのです。と申すのは、かれら召使どもは[[モルドール]]のみならず、そこかしこに見いだされるからです。
「ボロミアよ、[[ゴンドール]]が堅固な塔であったと申されるなら、われらはわれらでまた別の役割を果たしてまいった。あなた方の強固な城壁や輝く剣をもってしても防ぎきれない悪しきものたちがたくさんいるのです。あなた方はご自分の国境の外の国々のことはほとんどご存じない。平和と自由、とあなたはいわれるか? もしわれらの存在がなければ、北の国々もこの二つのものをほとんど知ることがなかったでありましょう。恐怖がかれらを滅ぼしたでありましょう。しかし、家なき無人の山々から、昼なお暗き森林から、暗いものたちがひそかに忍び出てきても、かれらはわれらを見てたちまち逃げ失せます。もしわれらドゥネダインが惰眠をむさぼっていたとしたら、あるいは一人残らず死に絶えてしまってたとしたら、人はどの道を安心して通ったらいいのだろうか? 平和な国々や、素朴な人々の家々に、夜分どのような安全が保証されているというのだろうか?
「しかもわれらは、それに対してあなた方よりも感謝されることが少ない。旅人たちは我らを見て顔をしかめ、里人たちはわれらを軽蔑の名で呼ぶ。[[ある肥った男>バーリマン・バタバー]]からすれば、わたしは『[[馳夫]]』なのだ。その男は、敵が一日もかからないで歩いてこられる所に住んでいるというのに。もしわれらによって絶えず守られているのでなければ敵はその男の心の臓まで凍らし、その[[小さな町>ブリー村]]を廃墟と化してしまうだろう。しかしわれらが、そうはさせないだろう。素朴な者たちは心配や恐怖を知らなければ、素朴なままでいられるのだ。そのためにわれらは隠れていなければならぬ。われら一族はこれを任務としてきた。その間に年月は移り変わり、草は伸びた。((『[[旅の仲間]]』[[エルロンドの会議]]で[[アラゴルン二世]]が[[ボロミア二世]]に語った台詞))
>しかし[[ブリー村]]の先の荒れはてた土地には、得体の知れない放浪の民がいました。ブリー村の人々はかれらのことを&ruby(のぶせ){野伏};と呼び、彼らの素性については何一つ知りませんでした。かれらはブリー村の人間たちよりも背が高く、色は黒く、ふしぎな視力と聴力をもち、鳥やけものの言葉を解すると信じられていました。かれらは思いのままに南にさすらい東にさすらい、[[霧ふり山脈]]にまでも足をのばしました。しかし今ではかれらはごく小人数で、その姿を見かけることも稀になりました。かれらが姿を見せるときには、遠い国々の&ruby(うわざ){噂};をもたらし、すでに忘れられた数々のふしぎな話をきかせてくれるので、ブリー村の住人たちは熱心にそれらの話に聴き入ったのですが、それ以上かれらと親しくしようとはしませんでした。((『[[旅の仲間>指輪物語/旅の仲間]]』「[[躍る小馬亭]]で」))

*** アルノールの野伏の歴代の族長 [#g93151f1]
>「旅人たちは我らを見て顔をしかめ、里人たちはわれらを軽蔑の名で呼ぶ。ある[[肥った男>バーリマン・バタバー]]からみれば、わたしは『[[馳夫]]』なのだ。その男は、敵が一日もかからないで歩いてこられる所に住んでいるというのに。もしわれらによって絶えず守られているのでなければ敵はその男の心の臓まで凍らし、その[[小さな町>ブリー村]]を廃墟と化してしまうだろう。しかしわれらが、そうはさせないだろう。素朴な者たちは心配や恐怖を知らなければ、素朴なままでいられるのだ。そのためにわれらは隠れていなければならぬ。われら一族はこれを任務としてきた。その間に年月は移り変わり、草は伸びた。」((『[[旅の仲間>指輪物語/旅の仲間]]』「エルロンドの会議」 [[アラゴルン二世]]の言葉))

[[北方王国]]([[アルセダイン]])最後の王[[アルヴェドゥイ]]の長子であるアラナルスが、最初のドゥーネダインの野伏の族長となった。
野伏は[[ガンダルフ]]とも親交があり、[[ビルボ>ビルボ・バギンズ]]から[[フロド>フロド・バギンズ]]に譲られた指輪が[[一つの指輪]]である疑いが出てきてからは、ガンダルフと連携して[[ホビット庄]]を密かに守ってきた。しかし[[3018年(大いなる年)>大いなる年]]の9月22日に[[ナズグール]]がやってくると、さしものドゥーネダインといえども抗しきることはできず、日暮れとともに[[サルンの浅瀬]]を突破されてしまった。

その後の[[指輪戦争]]では、彼らは[[アラゴルン>アラゴルン二世]]からの召集((アラゴルン自身は心で彼らの助けを望んだだけであり、彼の心を読んだ[[ガラドリエル]]より[[裂け谷]]に伝言が伝えられて召集が行われたものと思われる。))に応え、急ぎ集められた30人が[[ハルバラド]]に率いられて南方へ馳せ参じた。[[ローハン]]でアラゴルンを見出した野伏たちは[[灰色の一行]]として[[ゴンドール]]へ遠征し、[[ペレンノール野の合戦]]と[[黒門の戦い]]に参戦。生き残った者は[[コルマルレン]]の栄誉礼やアラゴルンの戴冠式に列席した。

>「風変わりな一団だね、あの新しく来た人たちは。」と、[[ギムリ]]がいいました。「&ruby(くっきょう){屈強};な男たちで、それに堂々として&ruby(いげん){威厳};がある。あの人たちと並ぶと、[[ローハン]]の[[騎士たち>ロヒアリム]]も少年じみて見えるよ。あの人たちはちょっとのことでは動じぬ&ruby(つらだましい){面魂};をしているし、たいていはまるで風化した岩のようにやせている。ちょうど[[アラゴルン>アラゴルン二世]]その人のように。それにものをいわない。」
「しかしかれらが沈黙を破ると、ちょうどアラゴルンのように礼儀正しい人たちだ。」[[レゴラス]]がいいました。((『[[王の帰還>指輪物語/王の帰還]]』「灰色の一行 罷り通る」 [[灰色の一行]]の野伏について語る[[ギムリ]]と[[レゴラス]]))

だが野伏が南方に遠征した結果、[[ブリー郷]]やホビット庄の守りが手薄となり、これらの地には[[サルマン]]の息のかかった[[ごろつき]]などが浸透するようになった。[[ガンダルフ]]は[[フロド>フロド・バギンズ]]ら[[ホビット]]とゴンドールから帰郷途中[[躍る小馬亭]]に立ち寄ったとき、やがて野伏達も戻ってきて良い時代になると[[バーリマン・バタバー]]に請け負っている。

*** 野伏の歴代の族長 [#g93151f1]

野伏は[[イシルドゥア]]の世継を「ドゥーネダインの族長(Chieftains of the Dúnedain)」として長に戴いた。[[北方王国]]の最後の王[[アルヴェドゥイ]]の長男である[[アラナルス]]が初代の族長となり、二代目の[[アラハイル]]以降は[[裂け谷]]で養育された。
[[シンダール語]]で付けられる名前には[[アルノール]]全土の主権を主張して接頭辞ar(a)-をつけるようになった[[アルゲレブ一世]]以来の[[アルセダイン]]王の伝統を受け継いでいる。

||名前|在位|h
|初代|[[アラナルス]]|[[第三紀]]1976~2106|
|2代|[[アラハイル]]|2106~2177|
|3代|[[アラヌゥイア]]|2177~2247|
|4代|[[アラヴィア]]|2247~2319|
|5代|[[アラゴルン一世]]|2319~2327|
|6代|[[アラグラス]]|2327~2455|
|7代|[[アラハド一世]]|2455~2523|
|8代|[[アラゴスト]]|2523~2588|
|9代|[[アラヴォルン]]|2588~2654|
|10代|[[アラハド二世]]|2654~2719|
|11代|[[アラススイル]]|2719~2784|
|12代|[[アラソルン一世]]|2784~2848|
|13代|[[アルゴヌイ]]|2848~2912|
|14代|[[アラドール]]|2912~2930|
|15代|[[アラソルン二世]]|2930~2933|
|16代|[[アラゴルン二世]]|2951~3019|
|初代|[[アラナルス]]|[[第三紀]]1976~2106 (130年間)|
|2代|[[アラハイル]]|2106~2177 (71年間)|
|3代|[[アラヌゥイア]]|2177~2247 (70年間)|
|4代|[[アラヴィア]]|2247~2319 (72年間)|
|5代|[[アラゴルン一世]]|2319~2327 (8年間)|
|6代|[[アラグラス]]|2327~2455 (128年間)|
|7代|[[アラハド一世]]|2455~2523 (68年間)|
|8代|[[アラゴスト]]|2523~2588 (65年間)|
|9代|[[アラヴォルン]]|2588~2654 (66年間)|
|10代|[[アラハド二世]]|2654~2719 (65年間)|
|11代|[[アラススイル]]|2719~2784 (65年間)|
|12代|[[アラソルン一世]]|2784~2848 (64年間)|
|13代|[[アルゴヌイ]]|2848~2912 (64年間)|
|14代|[[アラドール]]|2912~2930 (18年間)|
|15代|[[アラソルン二世]]|2930~2933 (3年間)|
|16代|[[アラゴルン二世]]|2951~3019 (68年間)|

***イシリアンの野伏 [#rdb35ab9]
*** 名前の登場する野伏 [#d50c5752]

南方の[[ドゥーネダイン]]である[[ゴンドール]]における[[イシリアン]]の遊撃部隊のことも野伏(Ranger)と表記されている。
-[[ハルバラド]]
-[[ギルライン]]
-[[イヴォルウエン]]
-[[ディーアハイル]]

>日射しが熱くなるにつれ、男たちは涼気を取るために時折り覆面を外しましたので、[[フロド>フロド・バギンズ]]はかれらがりっぱな顔立ちの男たちであることを知りました。皮膚の色は薄く、髪の毛は黒っぽく、灰色の目と悲しげで誇り高い顔の持ち主たちでした。かれらは低い声で話し合っていました。初めのうちは[[共通語]]を用いていましたが、その語法は古風でした。しかしそれもやがて自国語に変わっていきました。聞くともなしに耳を傾けていたフロドは、かれらが話している言葉が[[エルフ語]]か、そうではないにしてもそれとほとんど変わらぬ言葉であることに気がついてびっくりしました。そしてかれは驚きの色を浮かべて二人を見つめました。なぜならかれはこの男たちが[[西方の王たち>ヌーメノール]]の血筋をひく南の[[ドゥネダイン>ドゥーネダイン]]であるに違いないと知ったからです。
しばらくしてかれは二人に話しかけましたが、二人とも口が重く、答えは慎重でした。かれらは自分たちの名が[[マブルング>マブルング(ゴンドール)]]と[[ダムロド]]であり、ゴンドールの兵士であること、そしてイシリアンの野伏であることを教えてくれました。かれらは敵に攻略される前のイシリアンに住んでいた者たちの子孫であったのです。このような者たちの中から[[デネソール>デネソール二世]]候は敵中潜入者を選んだのです。かれらは密かに[[アンドゥイン]]を渡り(その方法と場所についてはかれらは言おうとしませんでした)、[[エフェル・ドゥアス>エフェル・ドゥーアス]]と大河の間を徘徊する[[オーク]]やその他の敵どもを襲撃するのです。((『[[二つの塔]]』[[イシリアン]]で[[ファラミア二世]]に捕らえられた[[フロド>フロド・バギンズ]]の視点))
*** 訳について [#p996a752]

** ゲーム『[[ロード・オブ・ザ・リングス オンライン]]』における設定 [#d3e5ca78]
原語の''Ranger''は、本来は英語の動詞'range'に由来するもので、「うろつく人」「歩き回る人」の意である。
日本語訳の''&ruby(のぶせ){野伏};''は、古語の&ruby(のぶし){野伏};、&ruby(のぶ){野伏};せりという、山野に野宿する修行僧や伏兵、山賊などの意がある言葉を元にしている。

『ロード・オブ・ザ・リング』の字幕では''&ruby(レンジャー){さすらい人};''、あるいはただ単に''レンジャー''となっている。

** ゲーム『[[ロード・オブ・ザ・リングス オンライン]]』における設定 [#LotRO]

[[エステルディン]]を拠点として、[[エリアドール]]の各地に野伏が散らばっており、[[アングマール]]の軍勢と戦う任務についている。彼らはNPCとして、プレイヤーにクエストを与え、あるいはプレイヤーを守る存在となる。
[[エピッククエスト Volume III. Allies of the King>ロード・オブ・ザ・リングス オンライン/あらすじ/Volume III. Allies of the King]]では、プレイヤーは[[灰色の一行]]に同行して、南方へと旅をすることになる。
また、野伏の不在によって不安定になったエリアドール各地にて戦うことになるクエストもある。

** コメント [#y3896132]
** コメント [#Comment]

#pcomment_nospam(,6,,,,,reply)
#pcomment(,,,,,,reply)