#author("2017-02-04T21:48:38+09:00","","")
#author("2021-10-23T01:52:37+09:00;2017-02-05T01:44:19+09:00","","")
* エルフ道 [#wea498ee]
** 概要 [#e9de8068]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|[[地名]]|
|~スペル|the elf-road, Elf-path((『[[ホビットの冒険]]』「[[荒地の国>ロヴァニオン]]」の地図での表記))|
|~その他の呼び名|森の道(the forest-track)|
|~スペル|elf-road&br;Elf-path((『[[ホビットの冒険]]』「[[荒地のくに>ロヴァニオン]]」の地図での表記))|

** 解説 [#vf3f0cb8]
** 解説 [#Explanation]

[[闇の森]]の北部を東西に横切る道。森の西端にある入口から[[エルフ王の岩屋>闇の森#Hall]]まで続いている。[[ビヨルン]]によるとあまり知られていない道であるという。
魔法がかけられているらしく、この道には[[蜘蛛]]などの邪悪な生き物が寄り付かない。
[[闇の森の王国>闇の森#Realm]]の[[エルフ]]によって作られた、[[闇の森]]北部を東西に横断する道((『[[ホビットの冒険]]』「ハエとクモ」ではエルフ道について「道の左右両がわに、かすかな深い緑色のかがやきをはなつ細道を見ることができました。」とあるが、これは誤訳。原文は'''they could see a little way to either side in a sort of darkened green glimmer.'''であり、ここでの'''a little way'''は「少しだけの距離」の意味。『新版 [[ホビット ゆきてかえりし物語]]』での訳は「左右の樹々の奥に広がる暗緑色の世界を、ほんの少しばかり見通すことができました。」))。途中で[[魔の川]]が横切る。[[ビヨルン]]によるとあまり知られていない道であるという。
この道の内では[[蜘蛛]]などの邪悪な生き物に襲われることはなく、蜘蛛の巣が道を差し渡して張られることもない。
道の東端は拡大した[[たての湖(沼地)]]に吞み込まれ、半ば消失している。

>くらやみに目がなれてくるにつれて、一同は、道の左右両わがに、かすかな深い緑色のかがやきをはなつ細道を見ることができました。ときどき思いがけなく、日光の細いすじが、はるか上の方の木の葉のすきまごしにもれて、その下にからまりあう太枝やしげりあう小枝のあみをうまくかいくぐり、明るい小さなこもれ日となって一同の前におちかかることがありました。((『[[ホビットの冒険]]』「ハエとクモ」))
『[[ホビットの冒険]]』において[[はなれ山>エレボール]]を目指す[[トーリンとその仲間]]は、ビヨルンの助言に従い、荒廃した[[古森街道]]を避けてこの道を使用したが、途中で食料が尽き、空腹のあまり[[エルフ王>スランドゥイル]]が催すエルフの宴会の焚火に引き寄せられて道を外れてしまったことで、[[蜘蛛]]に襲われることになった。

『[[ホビットの冒険]]』において[[はなれ山]]を目指す[[ビルボ・バギンズ]]と[[13人のドワーフ>トーリンとその仲間]]は、荒廃した[[古森街道]]を避けてこの道を使用したが、危うく橋のなくなった[[魔の川]]に落ちそうになり、最後には[[エルフ王>スランドゥイル]]が催す宴会の焚火に引き寄せられて道を外れてしまい、[[蜘蛛]]に襲われることになった。
*** 森の入口 (Forest Gate) [#gate]

道の東端は[[たての沼>たての湖(沼地)]]が広がったことで消失してしまっており、[[森エルフ>シルヴァン]]達はもっぱら[[森の川]]を物流に使うようになっていた。
闇の森北部の西端にある、エルフ道の西側の入り口。両側にある二本の大きな老木が互いに寄りかかって、さながらアーチ門のようになっている((『[[ホビットの冒険]]』「ハエとクモ」では「道の入口は、弓形の門のような形になって、うすぐらい木々のトンネルにつづいています。そのトンネルは、両側の大木が重なりあってできていますが、木々はみな、おそろしく年をとった大木で、ツタカズラをまとい、コケをつけ、枝には黒ずんだ葉をいく枚かのぞかせているばかりでした。」とあるが、これは誤訳である。原文は'''The entrance to the path was like a sort of arch leading into a gloomy tunnel made by two great trees that leant together, too old and strangled with ivy and hung with lichen to bear more than a few blackened leaves.'''であり、『新版 [[ホビット ゆきてかえりし物語]]』での訳は「森の入口はおたがいに寄りかかっている二本の大きな樹です。まるでうす暗いトンネルに入っていくための、アーチ門のようです。苔と蔦に息苦しいまでにびっしりとくるまれた老木なので、それ自身の葉は黒ずんだものがぱらぱらとついているだけです。」))。

*** 森の入口 (Forest Gate) [#l5396e5a]
** コメント [#Comment]

闇の森北部の西端にある、エルフ道の西側の入り口。両側にある二本の大きな老木が互いに寄りかかって、さながらアーチ門のようになっている。
#pcomment(,,,,,,reply)

** 映画『[[ホビット>ホビット(映画)]]』における設定 [#qc1943fc]

** コメント [#h84aeabd]

#pcomment(,,noname,,,,reply)