#author("2021-11-27T03:42:10+09:00;2021-10-11T22:00:24+09:00","","")
* アルダ [#v73a8aac]
** 概要 [#c4d597d2]
** 概要 [#Summary]

|~カテゴリー|天文|
|~カテゴリー|[[天文]]|
|~スペル|Arda|
|~その他の呼び名||
|~その他の呼び名|地球(Earth) &br; 地球王国(Kingdom of Earth)|

** 解説 [#r3a34b28]
** 解説 [#Explanation]

地球を意味する。元来は「王国」の意で、[[マンウェ]]が王として統べる国ということに由来していた。[[外なる海]]に囲まれており、[[中つ国]]と[[至福の国(アマン)>アマン]]がその中に存在する。
[[イルーヴァタール]]の命により[[アイヌア]]によって築かれた世界で、[[中つ国]]などが含まれる。''地球''のこと。
元来は「王国(Realm)」の意で、[[マンウェ]]が[[王>長上王]]として統べる国ということに由来していた。

** コメント [#p62f6c48]
イルーヴァタールの主題と[[アイヌアの音楽>アイヌリンダレ]]によってその構想と運命が示された後、[[エア]]の只中に実際に[[ヴァラール]]と[[マイアール]]によって建造された。アルダの創造では[[マンウェ]]、[[アウレ]]、[[ウルモ]]の三者が特に中心的な働きをしたが、[[メルコール>モルゴス]]の介在と妨害によってその形は大きく損ねられた。このヴァラールの構想が損ねられたアルダのことを''傷ついたアルダ''(Arda Marred)と呼ぶ。

#pcomment(,6,,,,,reply)
元々アルダは平面的な地表を持つ世界だったが、[[第二紀]]末に起こった[[世界の変わる日]]でその構造は大きく変化し、現在まで続く球形の世界となった。

*** アルダの構造 [#p44df96d]

>そして、この[[世界>エア]]のありとある壮麗、その広大なる数々の館、空間、回転する火の中にあって、[[イルーヴァタール]]は原初の時、無数の星々の只中に[[かれら>イルーヴァタールの子ら]]の住まう場所を選び給うた。((『[[シルマリルの物語]]』「[[アイヌリンダレ]]」))

『[[The Shaping of Middle-earth>The History of Middle-earth/The Shaping of Middle-earth]]』などに詳細に記述されている。

アルダははじめ平面な地表を持ち、[[エア]]に浮かぶ船のような形をしていた。一方でその領域は球形を成していた。
地表の上は[[ヴィスタ]](大気)が、地表の下は[[アンバール]](大地)が占めていた。
そして全体を[[ヴァイヤ>エッカイア]](取り巻く海)が覆っていた。ヴァイヤの内側には星々が運行する[[イルメン]](星界)があった。ヴァイヤの外側には[[夜の壁]]があり、[[クーマ>虚空]](虚空)と隔てていた。
東西の果てにはそれぞれ[[夜の扉]]と[[朝の門]]があり、虚空に開いていた。

[[第二紀]]後期に[[ヌーメノール人]]が[[アマン]]へ侵攻すると、[[ヴァラール]]の呼びかけを受けた[[イルーヴァタール]]によって、平面だったアルダの地表は球形に創り変えられ、[[アマン]]は[[世界の圏外>世界の圏]]に移された([[世界の変わる日]])。
以来、[[エルフ]]のみが[[まっすぐの道]]を通ってアマンへ渡ることが許されている。

*** 地名 [#ndc3b000]

-[[中つ国]]
-[[アマン]]
-[[太陽の地]]
-[[暗黒の地]]

-[[大海]]
-[[東の海]]
-[[内海]]

*** 画像 [#image]

トールキン直筆のアルダ全図([[二つの木の時代]])(『[[The Shaping of Middle-earth>The History of Middle-earth/The Shaping of Middle-earth]]』)
&ref(quroJ.jpg,,20%,);

上を基にK・フォンスタッドが作成したアルダ全図(左が[[第一紀]]、右が[[第二紀]])(『[[中つ国歴史地図>「中つ国」歴史地図 トールキン世界のすべて]]』)
&ref(Map of complete First Age Arda.gif,,10%,); &ref(84DMi.jpg,,10%,);

** コメント [#Comment]

#pcomment(,,,,,,reply)