Wight's Chant

概要

カテゴリー詩・歌

解説

塚山丘陵四人のホビットたちを捕えた塚人が塚の中で歌ったまじないの歌。歌を聞いたフロド・バギンズは初め体が石になったように感じ、それから逃げ出したい思いに囚われた。

邦訳

冷えよ、手と胸と骨、
冷えよ、石の下の眠り。
石のふしどに、もはや覚めるな、
が絶え、が死ぬ時まで。
黒い風に、星々も死ぬだろう。
その時もなおここの黄金の上に、
横たわっておれ。
死んだ海と枯れた陸を、
冥王がしろしめす時まで。*1

原文

Cold be hand and heart and bone,
and cold be sleep under stone:
never more to wake on stony bed,
never, till the Sun fails and the Moon is dead.
In the black wind the stars shall die,
and still on gold here let them lie,
till the dark lord lifts his hand
over dead sea and withered land.

コメント

コメントはありません。 Comments/Wight's Chant?

お名前:
Last-modified: