Tolkien Estate

概要

解説

ジョン・ロナルド・ロウエル・トールキンの息子であるクリストファー・トールキンが代表を務めていた、トールキン作品の版権管理を行っている組織。日本語では「トールキン・エステート」「トールキン財団」などと表記されている。
ホビットの冒険』および『指輪物語』の映像化権などは、生前にJ・R・R・トールキンが売却し、現在はMiddle-earth Enterprisesが所持しているため、Tolkien Estateにはこれらの映像化などを止める権利はない。ただし『シルマリルの物語』『終わらざりし物語』などの権利はTolkien Estateが保有しているままになっており、映像化なども許可されていない。
そのため映画『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』、ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』などでも、『シルマリルの物語』『終わらざりし物語』にしか登場しない名前や設定(『指輪物語』で名前などが出てこない第一紀第二紀の設定や人名、青の魔法使いの名前など)は使えないため、使用が避けられている。

2017年8月29日付けでクリストファー・トールキンはTolkien Estateを辞任している。残った役員にはトールキンの末子のプリシラ・トールキン、孫のサイモン・トールキンらがいる*1

外部リンク

コメント

コメントはありません。 Comments/Tolkien Estate?

お名前:
Last-modified: