The Lord of the Rings: The War of the Rohirrim

概要

カテゴリー映像化作品等
スペルThe Lord of the Rings: The War of the Rohirrim

解説

Warner bros. Animationとニュー・ライン・シネマの共同制作として製作が発表された、『指輪物語』を題材とした劇場公開アニメ。監督は神山健治。脚本はJoseph Chou、Jeffrey Addiss、Will Matthews。映画『ロード・オブ・ザ・リング』で脚本を担当したひとりであるフィリッパ・ボウエンもアドバイザーとして参加。公開日は未定。

内容は、(『指輪物語』本編で描かれている)指輪戦争から約260年前に起こったローハンにおける槌手王ヘルムの戦いにスポットを当てており、褐色人の侵略に対抗するロヒアリムスースブルグ(後の角笛城)における戦いなど(大侵略)を題材とするとしている(『指輪物語』 追補編にこの戦いについての記述がある)。

外部リンク

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ネットとかじゃなくて劇場公開?
    ヘルムとかシャドウオブウォーでナズグルになってたおっさんが主人公に添えられるとは… -- 2021-06-11 (金) 14:26:23
    • 主人公なら添えないで据えてあげて -- 2021-06-11 (金) 23:11:08
  • 今回のアニメ、褐色人が敵役ぽいってかなりヤバそうなネタなんだけど -- 2021-06-11 (金) 15:16:31
    • ポリコレ案件について言ってるなら、褐色人はケルト人をモデルにした白色人種だから問題無いぞ -- 2021-06-11 (金) 19:19:08
      • 褐色人はケルト人をモデルにしたってそんなことどこに書いてあるの -- 2021-06-12 (土) 06:32:42
      • イメージ的にはローマ帝国に対するケルト人(ガリア人)だと思われます。両者の関係もそうですが、ヨーロッパ先住民族であることや、死者の道で巨石文明の担い手(ドルエダイン)と地域が重なっていること、ブリー郷の地名にケルト系語彙が使われていること等それっぽいです。 -- 2021-06-13 (日) 13:48:29
      • ブリー村の人間や死者の軍勢と近縁と記述されてる時点で黒人や中東人じゃないのは明らか。まさか肌の色だけで有色人種だとか思ってたの? -- 2021-06-13 (日) 13:54:06
      • 1903年に発見された人骨であるチェダーマンって黒人だったよね -- 2021-06-13 (日) 14:20:52
      • トールキンがその事を知ってたわけないし、肌こそ黒くても白人の祖先だった筈。 -- 2021-06-13 (日) 16:43:59
      • ↑↑肌が黒いだけで「黒人(ネグロイド)」ではない。というか黒人・白人・黄色人の区分が当てはまる時代かどうかも不明だし、何よりチェダーマンは「ケルト人」ではない。もっとよくものを考えてから書き込みをしてはどうか。 -- 2021-06-13 (日) 17:52:29
      • 褐色人はケルト人ではないという話なんだが -- 2021-06-13 (日) 19:02:41
      • 誰も褐色人がケルト人だなどとは言ってない。置かれた文化的状況や相対的立ち位置などからあえて似た民族を比定するとすれば、(追補編でトールキンがロヒアリムをアングロ・サクソンに擬しているがごとくに)ケルト人に擬するのが最も近いだろう、という話 -- 2021-06-13 (日) 22:37:25
      • 少なくともモルドールをソビエトやナチスに結び付けるよりはしっかりした論拠がある話なんだが -- 2021-06-14 (月) 00:51:16
  • ローハンが主役の映画だけど終盤辺りに時の執政ベレンかベレゴンド率いるゴンドールの援軍、アイゼンガルドの鍵を貰いに来たサルマンが登場したりするのかな -- 2021-06-11 (金) 21:07:01
  • 公開されてる情報からすると、「神話」や「伝説」でなく、「歴史」の一幕としての中つ国の物語になりそう。こういう方向性の作品も今後も作られてほしいな。 -- 2021-06-12 (土) 10:48:36
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: