The Children of Húrin

概要

カテゴリー書籍・資料等
スペルThe Children of Húrin

解説

ジョン・ロナルド・ロウエル・トールキンの未完の遺稿をもとに、クリストファー・トールキンが2006年に完成させた小説。未邦訳。クリストファー・リーのナレーションによるCDブック版も存在する。日本の資料では『フーリンの子どもたち』などと表記されていることもある。

内容は、未完成のトールキンの遺稿ナルン・イ・ヒーン・フーリン(『終わらざりし物語』に収録)を再編集したもので、トゥーリン・トゥランバールの話が中心になっている。

外部リンク

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 邦訳の予定はないのでしょうか? -- 2011-06-28 (火) 00:30:35
    • 伊藤先生が「フーリンの子ら」を翻訳されているって話です。いつ頃出版されるかはまだわからないですけど。 -- 2015-03-15 (日) 00:57:06
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: