T.C.B.S.

概要

解説

ジョン・ロナルド・ロウエル・トールキンがキング・エドワード校の友人とともに結成していた半ば公然の“秘密結社”。T.C.B.S.とは‘Tea Club’および‘Barrovian Society’の頭文字で、学校図書室でこっそりお茶会を催すことに始まり、後に近隣のデパート「バロウズの店」でお茶をするのが定例になったことに因む。
トールキンクリストファー・ワイズマン(Christopher Luke Wiseman 1893-1987)、ロバート・ギルソン(Robert Quilter Gilson 1893-1916)、ジェフリー・スミス(Geoffrey Bache Smith 1894-1916)の4人が中心メンバーで、彼らはキング・エドワード校を卒業した後も交友を続けたが、ギルソンとスミスは第一次大戦で戦死した。
トールキンは彼らの影響で詩を書くことを始め、それは神話体系で最初の作品となる「宵の明星、エアレンデルの航海」に結実した。

コメント

コメントはありません。 Comments/T.C.B.S.

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: