Hobbits' Battle Song

概要

カテゴリー詩・歌

解説

コルマルレンの野での栄誉礼で西軍が唱えた、指輪所持者フロド・バギンズサムワイズ・ギャムジーを称える歌。

邦訳

小さい人万歳! ()めよ、(たた)えよ、小さい人を!
クイオ イ フェリアイン アナン! アグラール ニ フェリアンナス
誉めよ、讃えよ、フロドサムワイズ
ダウア ア ベアハイル、コニン アン アンヌーン! エグレリオ!
讃えよ!
エグレリオ!
ア ライタ テ、ライタ テ! アンダヴェ ライトゥバルメト!
讃えよ!
コルマコリンドール、ア ライタ タリエンナ!
讃えよ! 指輪所持者たちを、いざや、讃えよ、誉めよ!*1

原文

Long live the Halflings! Praise them with great praise!
Cuio i Pheriain anann! Aglar'ni Pheriannath!
Praise them with great praise, Frodo and Samwise!
Daur a Berhael, Conin en Annûn! Eglerio!
Praise them!
Eglerio!
A laita te, laita te! Andave laituvalmet!
Praise them!
Cormacolindor, a laita tárienna!
Praise them! The Ring-bearers, praise them with great praise!

エルフ語の歌詞

The Letters of J.R.R.Tolkien』Letter#230(1961年)には、エルフ語の歌詞を訳したものが載せられている。
二・四・六行目はシンダール語で、訳はそれぞれ以下の通り。

'May the Halflings live long, glory to the Halflings.'
'Frodo and Sam, princes of the west, glorify (them)'
'glorify (them)'

(小さい人よ末永く在れ、小さい人よ栄光あれ)
(フロドにサム、西方の公子たち、誉め讃えよ)
(誉め讃えよ)

七・九行目は上のエルフ語で、訳はそれぞれ以下の通り。

'Bless them, bless them, long we will praise them.'
'The Ring bearers, bless (or praise) them to the height.'

(祝福あれ、祝福あれ、我ら末永く二人を讃えん)
(指輪所持者たち、いと高く祝福あれ)

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • この詩はなぜ「ホビットの戦いの歌」なんでしょう。そりゃまあモルドールへの旅路も戦いと言えなくもないですが、もうちょっと適切な表現がありそうな…… -- 2021-02-05 (金) 03:58:25
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: