Born of Hope

概要

カテゴリー映像化作品等

解説

指輪物語』のアラゴルンとアルウェンの物語における、アラソルン二世ギルラインアラゴルンの両親)の話に焦点を当て、イギリス人ケイト・マディソンがネット上で募った寄付をもとに制作し、2009年末に非営利公開した映画。
アラソルンとギルラインの出会いと結婚、アラゴルンの誕生、アラソルンの死、裂け谷でのアラゴルンとギルラインなどが描かれている。

マディソンは2万5千ポンド(約350万円)の寄付を元に、脚本、監督、出演、衣装デザイン、キャスティングなどをほぼ一人でこなし、約400名が出演し、約1年かけて撮影され公開された。

現在もYouTubeで無償公開中であり、日本語字幕も表示可能。

2010年のロンドン・インディペンデント映画祭で、低予算映画賞を受賞。

同様に作られた非営利映画として『The Hunt for Gollum』がある。

本編(日本語字幕付き)

外部リンク

コメント

コメントはありません。 Comments/Born of Hope

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: