魔法帯(まほうたい)

概要

カテゴリー地名
スペルGirdle of enchantment
その他の呼び名メリアンの魔法帯(Girdle of Melian)

解説

ベレリアンド最初の合戦の後、メリアンドリアスを守るために張った結界。メリアンより強い力を持つ者でない限り、メリアン或いはシンゴルの意志に反してここを通り抜けることは決して出来なかった。だがメリアン自身が予言したとおり(レイシアンを参照)、運命に導かれたベレンがこれを通り抜けてドリアスに達し、ルーシエンに出会うことになる。

魔法帯によってドリアスは長く守られていた。だが、シンゴルノグロドドワーフに暗殺されると、悲しみに暮れたメリアンは中つ国を去る。そのため魔法帯も消滅してドリアスは無防備になった。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • これは北欧神話の「ニーベルングの指輪」でブリュンヒルデを囲んで燃えていた炎からヒントを得たのだろうか? ジークフリート以外は通り抜けられなかったし。 -- エグゼクター 2007-10-09 (火) 12:38:49
    • ということはジークフリート=ベレン、ブリュンヒルデ=ルシアン? -- ホビット 2008-12-29 (月) 15:11:43
      • 仮になんらかの着想があったとしても、それはワーグナーが原作にした北欧伝説のほうでしょうし、また寓意を嫌ったトールキンにそれら原典の要素を関連付けることに意義があるとも思えません。 -- 2008-12-29 (月) 16:07:35
  • カルハロスは魔法帯を突破しているが、それは彼がマイアであるメリアンより強い力を持っていたということだろうか。 -- ホビット 2008-11-24 (月) 14:50:06
    • 本文にシルマリルを呑んでいたせいだと書いてありましたよ。 -- 2010-02-15 (月) 21:01:50
      • 発行されたシルマリルの物語では運命またはシルマリルの力でドリアスに乱入した、ってことになってるね。でも教授が指輪物語後に書いた後期クウェンタ・シルマリルリオンだと、シルマリルの力で魔法帯を突破したと2箇所にわたって書かれてる。 -- 2017-02-21 (火) 07:21:18
      • 惑わしの島々を突破できるシルマリルですから、魔法帯突破は造作もなかったかもしれません。 -- 2017-02-23 (木) 12:11:47
    • 単純な「力」だけなら明らかにメリアンを上回っているでしょうけどね(笑 -- 2010-12-02 (木) 21:02:06
  • フェアノール家のみならずフィンゴルフィン家のノルドールエルフも片っ端から拒まれていたらしく、魔法帯を通行できなかったアレゼルご一行がお供のエルフ達とはぐれ、ナン・エルモスに迷い込む原因になった。 -- 2013-08-12 (月) 03:00:52
    • それはフェアノール大伯父さんの悪行の弊害ですから仕方ない(苦笑) -- 2013-08-14 (水) 16:25:34
  • メリアンのガードルとカタカナ読みするとセクシー -- 2016-01-13 (水) 22:13:13
  • 運命に縛らる事はない筈の人間のベレンが なぜ運命に導かれてルーシエンと合うんだろ  タゴールダグラスにおいてマンダスの館から復活して舞い戻ったモルゴスを打ち倒すという予言と言い変な話しだわ  負の運命には縛られないみたいなもんか? コメント間違い -- 2020-06-19 (金) 13:06:26
  • 悪しきものは入れないんだと思っていたけど普通に良くても悪くても入れないのか -- 2021-04-05 (月) 23:05:30
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: