馬鍬砦(まぐわとりで)

概要

カテゴリー地名
スペルDunharrow
異訳デュンハロウ、ダンホロウ
その他の呼び名砦(Hold)

解説

エドラスの南、白の山脈荒角山アイレンサガの間にある馬鍬谷の地名。戦時におけるエドラスの人々の避難所とされている。
「砦」といっても城や城壁のような建造物があるわけではなく、馬鍬谷とフィリエンフェルドとを合わせた谷間の奥まったところを指す。フィリエンフォルドまでは蛇行する細い道が一本あるきりであるため、防衛に適していた。この道は互い違いの石の段で築かれており、折り返すごとに一つずつプーケル人が置かれていた。道はさらにフィリエンフェルドから、その奥のおぼろ林、さらにその先にある死者の道に通じる入口まで続いており、両側に石柱が並んでいる。その上には精霊山が不気味にそびえていた。

指輪戦争では、エドラスの非戦闘民がエオウィンの指揮の下ここに避難した。
角笛城の合戦の後、死者の道へ向かうアラゴルン二世らと灰色の一行がここに立ち寄り、エオウィンの見送りを受ける。彼らが立ち去った後にセオデンらが到着。エドラスにナズグールが飛来したことを受けてローハン全軍はこの地に集結することになり、谷間や高台にはテントが張られて野営地となった。
その後ヒアゴン赤い矢を持参したことにより、ロヒアリムゴンドールへの長征に出発し、ペレンノール野の合戦に突入した。

名の意味について

Guide to the Names in The Lord of the Rings』によると、原語のDunharrowとはローハン語(古英語)のDūnhærgを現代英語化した形で、the heathen fane on the hillside(山腹にある異教の神殿)の意味。死者の軍勢となった古い民にとってここが聖域だったことにちなむ。
神殿を意味するharrowの語は現代の地名*1に残っており、農具とは関係ないと言明されている。そのため邦訳の馬鍬砦(Dunharrow)や馬鍬谷(Harrowdale)は誤訳ということになる。

画像

アラン・リー作画による馬鍬砦の登り道 寺島龍一作画による馬鍬砦

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

吹き替えでは「ダンホロウ」と発音されている。
角笛城の合戦の前、エドラスの非戦闘員は燦光洞に避難しているため、その時点で馬鍬砦は出てこない。
角笛城の合戦後、ゴンドールに向かう軍勢が馬鍬砦に集結する。そのときアラゴルンたちとセオデンらは同時にここにいる形となった。また原作の描写通り、蛇行している馬鍬谷の崖道を、エルロンドが登っていくシーンもある。エルロンドは鍛え直されたアンドゥリルをアラゴルンに届け、それからアラゴルン、レゴラス、ギムリは死者の道へと向かっている。

画像

『ロード・オブ・ザ・リング』における馬鍬砦『ロード・オブ・ザ・リング』における馬鍬砦

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における馬鍬谷と馬鍬砦(上から登り道の下を見下ろした光景)『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における馬鍬谷と馬鍬砦

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ローハンにとって、角笛城と並んで「最後の砦」。
    ヘルム王の(長い冬の)時と、指輪戦争の時に、戦闘員は主として角笛城に、非戦闘員は主として馬鍬砦に立てこもったようです。そこらへんの砦の役割分担は、残念ながら映画では描かれてません。
    それにしても、2度とも最終的にはローハンが勝ってますが、男系の王統が途絶えてるんですね。それほどの非常時に真価を発揮する砦といえましょう。 -- カイト
  • 映画版の吹替では「ダンホロウ」ってカタカナ読みしてました。 -- 2013-01-01 (火) 09:55:36
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。

添付ファイル: filevlcsnap-00099.jpg 379件 [詳細] filevlcsnap-00095.jpg 513件 [詳細] fileMusterOfRohan.jpg 2046件 [詳細] fileScreenShot00644.jpg 929件 [詳細] fileScreenShot00647.jpg 819件 [詳細]
Last-modified: