(うま)

概要

カテゴリー動物
スペルhorse, steed

解説

中つ国にはメアラスという馬の種族がいた。これはヴァラオロメがつれてきた馬の子孫と言われている。
メアラスをはじめ、ロヒアリムは馬との関係が深く、馬と心を通わせる優れた騎手として知られていた。

エルフは馬に話しかけることで馬の心を高度に御することができた。乗る時も馬具をつけず、裸馬にそのまま乗った。エルフの乗る馬は特にエルフ馬(elf-horse)と呼ばれることがある。

ホビットドワーフ小馬に乗った。だがホビットの中でも特に身長の高かったバンドブラス・トゥックは、普通の馬に乗る事もできたという。

第一紀にはマイズロスヴァリノールから連れてきた馬をフィンゴルフィンに贈り、数の増えた馬によりヒスルムでは騎馬隊が結成された。
第三紀ゴンドールでは馬は一般に伝令用で、大規模な騎馬隊は保有していなかった。大規模な軍馬と騎兵はもっぱら北国人ローハンの特徴だった。
モルドールはローハンから馬を買い付けようとしたが断られ、オークの略奪隊を送り込んで馬を奪うようになった。ナズグールは黒い馬に乗ったが、これはモルドールで生まれ飼い慣らされた馬であり、ナズグールの恐怖にも耐えることができた。

作中に登場する馬とその主

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

グロールフィンデルが登場しないため、アスファロスアルウェンの乗馬として登場する。

以下は名前が作中では登場しない馬。

以下は映画オリジナルの馬のキャラクター。

エルフが馬具をつけずに馬に乗るという設定は省略されている。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

プレイヤーが移動に使う馬、小馬(steed, pony)のほかに、モリア内でも乗る事ができる山羊(goat)、ローハン以降の一部地域で騎乗戦闘が可能な軍馬(War steed)と分かれている。

軍馬はLight、Medium、Heavyの三種があり、速度や耐久力が異なる。また騎乗戦闘専用のスキルがあり、クラスによって異なる。またRed Dawn(赤い夜明け)、Rohirrim(ロヒアリム)、Riddermark(騎士国)の3種の特性があってスキルも異なり、状況に応じて使い分ける事ができる。
軍馬には伝説的武具(Legendary Item)として馬勒(Bridle)をつけることができ、馬勒の特性によって軍馬の能力や騎乗戦闘スキルが強化される。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ナズグールの馬って特殊な馬かと思ってましたけど、普通の黒馬だったのかな?しかしどうやってナズグールに慣らしたんだろう。黒馬は他の毛色に比べて闇耐性が高いのかな? -- 2015-04-04 (土) 16:29:28
    • 三食昼寝付き食事その他諸々の健康管理は全てのナズグルが交代制で担当しますとかだったら慣れそう -- 2015-04-04 (土) 16:44:45
      • そのシュールな画見てみたい(笑) -- 2019-10-03 (木) 19:38:07
    • 「なぜというと、あの馬たちは冥王の用に立てるために、モルドールで生まれ、モルドールで育てられたのじゃ。かれの召使や家畜のすべてが幽霊というわけではない!」(旅の仲間、ガンダルフのセリフより) -- 2015-04-06 (月) 05:30:01
    • 魔改造大好きモルゴスおじさんと 品種改良大好きサウロン兄さんが馬にそこまで手を付けなかったというのも変な話だな -- 2019-12-03 (火) 05:39:12
      • 品種改良するには繊細すぎたのでしょう。 -- 2019-12-03 (火) 16:08:57
  • 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』で「ドワーフといえば山羊に乗る」というイメージが強くついた人間は、映画の五軍の合戦を見て歓喜 -- 2016-03-15 (火) 21:11:36
お名前:
Last-modified: