(とび)(かげ)

概要

カテゴリー人名
スペルShadowfax*1
その他の呼び名名馬飛蔭(Shadowfax the Great)
種族メアラス
性別
生没年不明
不明(祖先にフェラロフ

解説

ローハンメアラス族の長。ガンダルフの乗馬であり、彼とは強い友情で結ばれている。
灰色の毛並みをした大きな馬で、通常の馬より遙かに足が速く、また持久力もずば抜けていた。馬具を付けることは拒み、また自らが許した者しか背に乗せようとしないが、いざ許せば乗り手が落ちないように運んだ。

「かれの表皮は昼は銀のようにきらめき、夜は物の蔭と紛い、その走る姿は目にもとまらぬ。また歩みの軽いこと!」*2

飛蔭はもともとローハン王しか背に乗ることを許さない駿馬であったが、大いなる年オルサンクから脱出したガンダルフエドラスで助力を乞うた際、(当時蛇の舌に毒されていた)セオデンは「どの馬なりとくれてやるから消え失せろ」と口走ってしまい、ガンダルフに貸し与えられることになった。当初飛蔭はガンダルフを寄せ付けなかったが、ガンダルフは2日かけて飛蔭を馴らしてその背に乗り、黒の乗手に追われているフロドを助けるべくローハンからブリー村へ、さらに裂け谷まで駆け抜けた。その後飛蔭は単独でエドラスへ戻ったが、すでにガンダルフしか背に乗せないようになっていた。

やがて再訪したガンダルフによってセオデンが毒から癒やされると、セオデンは正式な贈り物として改めて飛蔭をガンダルフに与えた。以来飛蔭はガンダルフの愛馬となり、角笛城の合戦では散り散りになった西谷の軍勢をその俊足によって呼び集め、またピピンを共に乗せて戦の迫るミナス・ティリスまで馳せ参じた。ペレンノール野の合戦では、魔王のもたらす恐怖のために人も馬もみな逃げ出した中、ただ一頭その恐怖に抗って踏みとどまる勇気を示した。

指輪戦争の終結後もその友情は変わらず、ガンダルフは灰色港から中つ国を去るときにも、飛蔭を連れていった。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

原作では灰色の馬であるが、映画ではアンダルシア種(Wikipedia:アンダルシア馬)の白馬が演じている。飛蔭役の馬は2頭おり、外見の違いは映像では修正されている。

画像

『ロード・オブ・ザ・リング』における飛蔭

グッズ

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における飛蔭とガンダルフ 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるミナス・ティリス厩舎内の飛蔭 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるミスランディアと飛蔭

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 映画の飛陰はやさしそうな顔だったね -- 2013-05-27 (月) 23:57:49
    • それ -- 2017-09-15 (金) 00:06:12
  • 映画の飛陰の中の馬が亡くなったみたいです。R.I.P -- 2014-04-11 (金) 12:30:22
    • 西へ旅立ったんですよ…。 -- 2014-04-12 (土) 21:16:02
  • 束教授も影響を受けた作家ウィリアム・モリスのThe Well at the World's EndにはSilverfaxという名の馬が出てきますね。 -- 2015-02-01 (日) 23:55:43
  • 映画で「王のみに許された馬」って言われていたから、てっきりエレンディルやイシルドゥアの血統のみが呼べる神馬かと思った。ローハン王家の名馬なのね。 -- 2017-09-15 (金) 12:04:00
  • ガンダルフがアマンに連れて行ってしまったけど、ちゃんと血筋はローハンに残してくれたのかな。 -- 2019-09-07 (土) 08:01:27
  • 馬泥棒もエルフ語で呼べばカッコよくなるのかしらん。「おおミスランディア・リサメアラス!灰色のさすらう馬泥棒よ!」 -- 2019-09-07 (土) 19:20:51
  • どこから飛蔭という訳になったかわかりますか? -- 2019-09-08 (日) 23:09:11
  • faxの由来とか意味はなんなんだろう -- 2019-11-20 (水) 17:46:30
  • 注釈にもありますが、Guide to the Names in The Lord of the Ringsに以下のような感じで書かれています。ローハン語(つまり古英語)Sceadu-fæx「having shadow-grey mane(and coat)(影の灰色のたてがみ(および体毛))」を現代英語風(現代英語ではない)にしたもの。共通語ではないためShadowfaxをそのまま使うかローハン名として簡略化されたScadufaxを使うのが適切。Fax(hair、毛髪の意)は、Fairfaxという名前を除いて英語では使われておらず時代遅れ。shadow-greyはたてがみだけでなく全身の体毛もshadow-greyです。こちらの説明が分かりやすくて良いですね! http://www5e.biglobe.ne.jp/~midearth/languages/rohan/doubutsu.htm -- 2020-09-26 (土) 07:22:47
    • 「~のたてがみ(-fæx)」のような馬の命名法自体について海外のサイトを色々あさったところ、アイスランドの詩人スノッリが古ノルド語で著した北欧神話の詩本「散文のエッダ(The Prose Edda)」に登場する馬の、スキンファクシ(Skinfaxi)(「光のたてがみ」「輝くたてがみ」(shining mane))、フリームファクシ(Hrímfaxi)(「霜のたてがみ」(rime mane または frost mane))等から閃きを得たのではとのこと。 -- 2020-09-26 (土) 07:24:09
  • “シャドウファックス”とか“トビカゲ”とかいう競走馬がいないかと思ってちょっと調べたら、本当に“シャドウファックス”がJRAで登録されててひっくり返った(コメント時点で3歳馬、5戦1勝との事) というか、フェラローフとかハスフェルとかアロドとか、指輪ファンが名前つけたらしい競走馬ってちょくちょくいるんだね・・・ -- 2021-06-06 (日) 19:16:27
    • オルクリストとかもおるぞ -- 2021-06-06 (日) 22:39:18
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。

添付ファイル: filevlcsnap-00048.jpg 565件 [詳細] fileScreenShot00719.jpg 1192件 [詳細] fileScreenShot00327.jpg 1308件 [詳細]
Last-modified: