風見丘陵

概要

カテゴリー地名
スペルWeather Hills
異訳風見が丘丘陵

解説

エリアドールブリー郷より東、ぶよ水の沢地のさらに東にある丘陵地帯。南北に連なっており、最南端にやや離れて風見が丘がある。

山並みは次第に近づいてきました。うねり続く尾根は、高いところでは一千フィート近くにもなるかと思えば、また落ち込んで、低い狭間や向こうの東の国に通じる峠になっていました。尾根に沿って、苔むした城壁や防壁の名残らしいものが見られました。狭間には廃墟となった古い石組みがまだ残っていました。*1

風見丘陵はアモン・スールの塔をめぐるアルノールアングマールの戦いの舞台となり、アルセダインアルゲレブ一世アルヴェレグ一世らがこの地に砦を築いて防衛にあたった。丘陵の廃墟はその名残である。
丘陵の西側斜面に沿って目立たないよう道が作られており、これを使えば密かに風見が丘の北斜面に近づくことができた。アラゴルン二世東街道を見張るナズグールを避けるため、この道を使ってフロド達を風見が丘まで導いた。

コメント

コメントはありません。 Comments/風見丘陵

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: