酒の歌

概要

カテゴリー詩・歌
スペルA Drinking Song

解説

堀窪へ向かうフロド・バギンズサムワイズ・ギャムジーペレグリン・トゥック沢地の国の林の中で昼食をとった時に歌った歌。
三人は昨晩出会ったギルドールエルフたちが水筒の中に入れておいてくれた薄い金色の澄んだ飲み物を飲んでみたところ、気分が高揚し、自然と歌い出した。だがもう一度歌おうとした時に二人の黒の乗手*1の声が聞こえ、三人は一気に興ざめした。

邦訳

ホ、ホ、ホーッ! 酒瓶をとろうよ、
心をいやし、憂さをはらうために。
雨も降ろうし、風も吹こうさ、
ゆくては、まだ何マイルもある。
けれど大きな木の下にねて、
雲がすぎてゆくのを、待つとするさ。*2

原文

Ho! Ho! Ho! to the bottle I go
To heal my heart and drown my woe.
Rain may fall and wind may blow,
And many miles be still to go,
But under a tall tree I will lie,
And let the clouds go sailing by.

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

エクステンデッド・エディションで追加された緑竜館のシーンでフロドメリーピピンの三人が、この歌と湯あみ歌の歌詞を基にした歌を歌う。

コメント

コメントはありません。 Comments/酒の歌

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: