(つの)(ぶえ)吹きトボルド

概要

カテゴリー人名
スペルTobold Hornblower
その他の呼び名トビイ(じい)(Old Toby)
種族ホビット
性別
生没年第三紀

解説

トビイ(じい)と呼ばれる。ホビット庄において、初めてパイプ草の栽培を始めたホビット。名からして角吹家の出身と思われる。
ホビット庄暦1070年(第三紀2670年)頃、トボルトは南四が一の庄長窪村にある自身の庭で、ホビット庄史上初めてとなるパイプ草を育てた。彼はどうやってパイプ草を入手したかは死ぬまで話さなかったが、『ホビット庄本草考』ではブリー村でこの植物のことを知ったのではないかと推察されている。
彼の名は「トビイ爺印」としてパイプ草の銘柄名となっている。

コメント

コメントはありません。 Comments/角笛吹きトボルド

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: