西(さい)(きょう)

概要

カテゴリー地名
スペルwest-march

解説

アイゼン川とアドーン川の間の土地。名目上はローハンの国土だが、ロヒアリムと対立する褐色人の影響が強い土地で、ローハン王の権威に従わず反旗を翻すこともあった。

ヘルムに撲殺された西境の権力者フレカは褐色人の混血であり、彼の息子ウルフ褐色人を率いてエドラスを占領し、マークの王を僭称した。
フレアラフによってウルフは殺され、ローハンから褐色人は駆逐されたが、その後に西境は褐色人に占領されたらしく、フォルクウィネがこれを征服して奪還した。だが依然として住民は褐色人との混血が大半を占め、フレカを殺された怨恨が尾を引き、ローハン王に対する忠誠心は低かった。
指輪戦争において西境の民はサルマン側に味方する傾向があり、西境の戦士の多くはアイゼンガルドの軍勢に加わった。そのため、この時代もやはり褐色人の住む敵対的な土地とみなされていた。

コメント

コメントはありません。 Comments/西境(ローハン)

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: