荒地のくにのさかい

概要

カテゴリー地名
スペルEdge of the Wild
異訳荒地のくにの入口

解説

とにかくこのあたり全土にわたって、安全な道は一つもないのじゃ。とにかく今、荒地のくにのさかいを遠くふみこえて来ていることを考えてみるがいい。いずこへいこうとおそろしいところじゃ。*1

ホビットの冒険』における、概念上の地域の境。同書の「荒地のくにの地図」にも書かれており、ここより東が危険な「荒地のくに(the Wild)」、西がホビット村などがある「西のくに(Western Lands)」である。具体的にはブルイネン川の、特に浅瀬付近が(地図上においても)その境目にあたる*2。そのため、ここでの「荒地のくに」とは、霧ふり山脈(西側も含む)からロヴァニオン(荒れ地の国)全域を指す。

コメント

コメントはありません。 Comments/荒地のくにのさかい

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: