茶色の国

概要

カテゴリー地名
スペルBrown Lands, Brown-lands

解説

大河アンドゥインの東、エミン・ムイル闇の森の間にある荒れ地。
かつてエント女の庭園があった場所と言われるが、無残に荒れ果てている。

木がまばらになり、ついで一本も見られなくなりました。左手の東の岸には、形のでこぼこした長い斜面(スロープ)が続き、ずっと向こうの空の方に延びていました。その斜面はまるで火で一面焼きはらわれたように、緑の草葉一筋とて残らず、茶色くすがれて見えました。その空虚さを救う折れた木一本、突起する岩一個ない、よそよそしい荒れ地でした。ここは南闇の森エミン・ムイルの山々の間にただ広漠と荒れ果てて存在する茶色の国でありました。このあたり一帯をかくも無残に荒廃せしめたのは、いかなる疫病、いかなる戦いのなせる業なのか、あるいはかの敵の兇悪な()(わざ)によるのか、アラゴルンにさえわからぬことでした。*1

「焦茶の国」と訳されている事もあるDunland(褐色人の国)とは無関係。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

一部が実装されており、かつてのエント女の庭地が存在する。バルホス族の子孫で、青いローブを着た呪術師たちの指揮を受けている東夷のクンドラール(Khundolar)が侵出し、多数の夜営地を築いている。また、レゴラスによって射抜かれて墜落した恐るべき獣の死骸も確認できる。

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における茶色の国

コメント

コメントはありません。 Comments/茶色の国

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。

添付ファイル: fileScreenShot00535.jpg 548件 [詳細]
Last-modified: