()椅子(いす)

概要

カテゴリー物・品の名前
スペルSeat of Hearing

解説

アモン・ラウの頂上にあるとされる、ヌーメノール人が築いた遺跡。
アラゴルン二世によると、アモン・ヘン視る椅子と同じく「偉大な王たちの時代」に作られ、見張りが置かれていたいう。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 「視る」はいいとして、「聴く」とはどういうことでしょうか?遠くの会話が聴こえるのでしょうか。 -- 2015-01-20 (火) 17:39:58
    • おそらくそうだと思います。一つの指輪をはめると聴力が鋭くなって遠くの様々な物音を聞き分けたりできるようになりますが、それと似たような感じなのではないかと。 -- 2015-01-20 (火) 21:36:51
  • セレブロまで作れるヌメノールの技術・・* -- 2017-06-11 (日) 14:24:48
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: