番兵長

概要

カテゴリー人名
スペルchief guard
その他の呼び名隊長(captain)
種族エルフ
性別
生没年

解説

ホビットの冒険』に登場する、エルフ王の岩屋の番兵長。本名は不明。
秋の宴の夜に、友人である給仕頭のガリオンと共にエルフ王(スランドゥイル)の宴席に出す葡萄酒を盗み飲みするが、ドルイニオン産の強い葡萄酒を飲んでしまい酔いつぶれる。その隙にビルボ・バギンズは番兵長から牢の鍵束を盗み出し、地下牢に囚われていた13人のドワーフを救出した。ドワーフを救出した後、ビルボは番兵長が処罰されるのではないかと気の毒に思い、眠っている彼のベルトに鍵束を戻してやった。

牢から姿を消したドワーフたちがエスガロスで歓迎されたことは、エスガロスから戻った筏乗りのエルフによってエルフ王の岩屋に伝わったが、番兵長のその後は「番兵長と給仕頭がどうなったかは知りません。」としか語られていない。

映画『ホビット』における設定

エルロス(闇の森)を参照。

コメント

コメントはありません。 Comments/番兵長(闇の森)

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: