田中明子(たなかあきこ)

概要

カテゴリー関連人物・組織・団体
生没年1926年~2020年12月9日(享年94)

解説

指輪物語』『シルマリルの物語』翻訳者。
クレジットはされていなかったが旧版指輪物語の翻訳にも関わっていた。そのため、シルマリルの物語日本語版の翻訳を行うはずだった瀬田貞二が他界すると、この訳を田中が引き受けることになる。
その後新版指輪物語の版改訂による翻訳修正も引き受け、新版では瀬田貞二と連名で翻訳者として記載された。
実写映画版『ロード・オブ・ザ・リング』の翻訳監修も行っている。

2020年12月、最後の『指輪物語』翻訳改訂の後、94歳で死去。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 映画の翻訳監修の時、田中さんが意見を戸田奈津子に言ったら「私はプロだから」といって聞き入れてもらえなかったらしい・・・
    • これ本当なんでしょうか?確かに、字幕の日本語版のスタッフロールに田中氏の名前はなかったようですが・・・ -- A3
    • あれって噂じゃなかったんでしょうか。最後まで携われなかったのと言うのは本当のようですが。
  • 指輪の訳とシルマリル違うのはなぜ -- ビルボ
    • 田中さんは長音記号が嫌いなためシルマリルの物語ではああなっているらしいです。指輪物語では瀬田さんの訳を尊重していますが。
    • メルコオルとかマグロオルとか、長音がないほうが擬古的な文体に見える、というわけでしょうか -- 2010-12-04 (土) 16:02:06
  • 今の版のシルマリル訳は好きになれない。ヌメノールがヌーメノールに。忠実なら良いというわけでもないと思う。 -- じゃがいも 2011-04-05 (火) 14:49:42
    • サルーマンがサルマンに直されたとき・・・ちょうどそんな名前のマンガがあって笑った -- 2012-01-07 (土) 02:46:25
    • 自分も旧版から入った人間なんで、「イシルドゥア」「ドゥネダイン」だけはどうしても馴染めません…。デュネダインじゃダメなのか。 -- 2013-08-31 (土) 16:43:28
      • 自分も旧版との違いに多少の違和感はあったが、それでも意味は通じるので世界観を損なうほどの差異ではない。一方誰とは言わないが映画版での誤訳の数々は思わず目を覆いたくなる惨状だった。あれに比べれば発音の違いぐらいは十分容認できる。 -- 2021-03-30 (火) 01:29:06
      • わかる。強いて言えば田中女史の仕事は頼まれたハンバーグにスパイスを効かせるかどうかという程度。多少の違和感はあってもそれが更に好ましい人もいる。
        一方で映画版改定前の翻訳は、ハンバーグを頼んだのに挽き肉をお湯で茹でまくりヴィネグレットソースをかけたものが出てきた気分だった。 -- 2021-03-30 (火) 07:46:20
    • イセンガルド・・ -- 2015-03-18 (水) 09:09:37
      • アイゼンガルドはエルフ語由来じゃなくて古英語だからイセンガルドではない、紛らわしいが -- 2016-03-12 (土) 20:11:25
  • 今年のはじめにクリストファーが亡くなり、年の暮れに田中明子が亡くなった。未完成の仕事を引き継ぐことになったどちらも90半ばまで生きて後世に物語を伝えたことに感謝 -- 2020-12-20 (日) 18:31:34
  • 田中明子さんには感謝してもしきれないものがありますね 翻訳を引き継いでくださりありがとうございました ご冥福をお祈りします -- そ 2021-01-15 (金) 11:08:38
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: