無人の国

概要

カテゴリー地名
スペルNoman-Lands

解説

死者の沼地モランノンの荒廃地の間にある荒涼とした地。
フロド・バギンズサムワイズ・ギャムジーゴクリ第三紀3019年(大いなる年)3月2日から3日にかけてここを縦断し、黒門へ向かった。

沼沢地はもう終わり、次第に不毛の泥炭地となり、乾いてひびわれた泥地の茫々たる広がりに変わりました。前方の土地は勾配(こうばい)(ゆる)い長い上がり斜面で、何も生えない苛酷(かこく)なそのやせ地はサウロンの門の前の荒れ地まで坂になって続いていました。*1

The Treason of Isengard』に収録された『指輪物語』の製作初期の地図ではその名前が見られるが、出版された作品に添付されている地図からはこの地名が抜けている。

コメント

コメントはありません。 Comments/無人の国

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: