沢地の国

概要

カテゴリー地名
スペルMarish
異訳沢地、沼沢地方

解説

ブランディワイン川を挟んでバック郷の対岸にあたる、東四が一の庄の南東部一帯に広がる低湿地。
切株村藺草村などの村々がある。切株村と藺草村の間にマゴットの住む畦更があり、その5マイル北にバックル村の渡しがある。この地の住民たちは(おそらく土地がぬかるんだ低湿地であることから)ホビット穴ではなく地上に家を建てて住むのが常であった。
バック郷に移る以前にオールドバックを名乗っていたブランディバック一族の故地であり、沢地の国の村々では伝統的にブランディバック家の家長である館主の権威が認められている。

コメント

コメントはありません。 Comments/沢地の国

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: