死者(ししゃ)(みち)

概要

カテゴリー地名
スペルPaths of the Dead

解説

白の山脈にある精霊山(ドゥイモルベルグ)の下を通る地下道。
北は馬鍬谷の奥の峡谷から、南は黒根谷にあるモルナンの峡谷まで通じている。

後に死者の軍勢となった山々の人間たちが造ったものと想像され、ローハンではこの道を踏むことは死そのものと同じように恐怖されていた。
だが指輪戦争においてアラゴルン二世灰色の一行を率いてあえてこの道を踏破し、エレヒに到達して死者の軍勢を召集した。

地理

そうしてかれらは遂に峡谷の奥深くはいり込みました。そこには切り立った岩壁があり、その岩壁には暗黒の入口が、さながら夜の口のように一同の前にぱっくりと開いていました。その大きく開いたアーチの上には記号や数字が彫られていましたが、あまり暗くて読むことはできませんでした。そしてその入口からは、灰色の靄のように恐怖が流れ出ていました。*1

馬鍬谷フィリエンフェルドの奥にあるおぼろ林を抜けた先、精霊山(ドゥイモルベルグ)の聳える山の根本にある峡谷に入り口がある。入り口までは二列の立石が並んだ道が続いており、道の終わりには一本の巨大な石が脅かすように聳えている。
「暗黒の入り口(Dark Door)」または「禁じられた入り口(Forbidden Door)」と呼ばれる北側の入り口は石造りのアーチになっており、そこを抜けると広い地下道になっている。地下道の半ばには巨大な広間のような空間があり、その壁には秘密の部屋に通じる石造りの閉ざされた扉があった。地下道はそこを通り過ぎてなおも進み、やがてモルソンド川の水源とともにモルナンの谷間に出る。南側の出入り口は幅広く高いアーチ口だった。
その道中は暗闇と恐怖、そして死者たちのざわめき声に満たされていた。

ローハンの伝承

「民間の伝えによると、大暗黒の時代に生きた死せる人間たちがその道を守り、かれらの秘密の部屋に生きている人間を一人も通させぬというのじゃ。しかし時にはかれら自身がまるで影幻のごとくその入口から出て来て石の並ぶ道をやって来るのが見られることもあるということじゃ。」*2

ローハンの建国初期の時代、非常時の避難場所を求めてブレゴとその息子バルドール馬鍬砦を探索した際、二人は死者の道の入り口の前に座る謎の老人と遭遇した。老人は石と見まごうほど老いさらばえて年格好もわからぬほどだったが、二人が道に入ろうとすると口を開き、道は時至るまで死者たちによって閉ざされていると告げた。

『道は閉ざされておる。』声はふたたびいった。『道は死んだ者たちによって造られた。そして時いたるまで死者がその道を守っておる。道は閉ざされておる。』*3

バルドールは「してその時というのはいつのことか?」と問うたが、その時老人は死んでばったりと倒れた。

その後、メドゥセルド落成の祝宴が開かれた時、バルドールは角杯を飲み干して死者の道を踏んでみせると誓い、翌年その誓い通り道に足を踏み入れて二度と戻らなかった。
以来、ローハンの人間たちは死者の道を恐れ、生者には閉ざされているとして敢えて入ろうとはしなかった。

灰色の一行の通過

第三紀3019年(大いなる年)、パランティーアを使ってゴンドールに迫る海賊の脅威を察知したアラゴルン二世は、その脅威を除くことのできる至急の近道と手勢を必要とした。時を同じくしてエルロンドは伝言を送り、時は迫れり。火急の際は、死者の道を忘るなかれと、かつて予見者マルベスがした予言のことをアラゴルンに思い出させた。そこでアラゴルンは望む者だけを連れて死者の道を通り抜けることを決意。

3月8日、アラゴルンの率いる灰色の一行は、エオウィンの制止を振り切り、死者の道に足を踏み入れた。
すでに運命の成就を予期して死者たちが集結しており、この地にまつわる得体の知れない恐怖と後ろをついてくる死者たちの気配はギムリですら脅えさせたが、アラゴルンは強固な意志で一行を統率して道を進めさせた。
途中、一行は秘密の部屋の扉の前で息絶えたバルドールの白骨死体を発見したが、死者たちの秘密に触れることはあえてせず、これを無視して先を急いだ。

「この扉はどこに通じているのか? なぜかれは通ろうとしたのだろう? だれにも永遠にわからぬことだ!
「なぜならそのことはわたしの目的ではないのだからな!」かれはそう叫ぶと、くるりと向き直って、背後のざわめきに満ちた暗闇に向かっていいました。「お前たちのたくわえた宝物と、お前たちの秘密は呪われた年月の中に秘めておくがよい! われらの願いは速さのみ。われらを通し、そして来れ! わたしはお前たちをエレヒの石に召集する!」*4

夜半、一行は無事に死者の道を通り抜けてエレヒに達し、そこで後をついてきた死者たち指輪戦争に召集、ペラルギア方面の敵を駆逐するために進軍していった。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

死者の軍勢は、エレヒではなく死者の道で姿を現し、召集を受けている。

画像

『ロード・オブ・ザ・リング』における死者の道『ロード・オブ・ザ・リング』における死者の道

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

灰色の一行が通過した後の死者の道を、冒険者が通り抜けることができる。
実装当時は、バルドールが入ろうとした秘密の部屋は実装されていなかったが、後のアップデートで秘密の部屋も実装された。
秘密の部屋には、巨大な扉と、扉を守るルーン石の罠により焼死した、バルドールと思われる遺体がある。
ルーン石の罠を解除して扉を開けると、ドワーフの宝玉が安置されている。

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における死者の道の入り口(馬鍬砦側) 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における死者の道内部

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 秘密の部屋に何があるのか気になる… 死者の軍勢が解放された後は安全になったのだろうか? -- エグゼクター 2008-03-24 (月) 17:46:36
    • あれほどの大いなる宿命を成就したのですから、彼らの地も清められたのではないでしょうか。しかしエレサール王の人柄から想像すれば、死者たちのためにここは聖域とされたのではないでしょうか。エオメル王も反対はしなかったでしょう。 -- 粥村在住 2008-03-29 (土) 23:34:41
    • バジリクス(『ハリー・ポッター 秘密の部屋』に出てきた大蛇)がいたりして・・・。 -- ホビット 2008-12-21 (日) 14:31:02
      • ポッターと指輪が悪魔合体したら面白そう -- 2014-09-21 (日) 18:53:07
    • 録でもない代物の可能性も高いのでその後も放置でしょうな、 -- 2012-12-08 (土) 13:46:10
    • 扉の秘密はあえて暴かれないとしても、バルドールの遺骸は墓に葬るためにローハンの王家の誰かが回収を試みそうです。 -- 2015-11-29 (日) 00:05:16
  • 映画の死者たちはなにか人間的でした。剣で脅されてたりして -- 2010-12-05 (日) 00:55:28
  • 映画の頭蓋骨雪崩は壮観だった。あんなに人数はいないだろうけどww -- 2013-11-14 (木) 22:24:59
  • しかしまあ白の山脈を貫くトンネルなんてドワーフかせいぜいヌメノールの技術でもないと難しいだろうに、誰が作ったんだろう -- 2014-04-17 (木) 21:41:08
  • ドアの向こう側について考察したサイトとか無いんですかね? -- 2018-06-22 (金) 22:16:15
    • マジで気になるんだけど・・・ -- 2019-06-11 (火) 01:32:28
    • 結局、何だったのだろう❔ -- 2019-06-11 (火) 02:35:28
    • もしかして「トールキン教授の書斎に通じてる」、つまり、「自分たちが誰かの作った物語の登場人物だ」と知らされた衝撃でバルドールは死んでしまった、っていうことはないだろうか。あまりにもメタ的な話になってしまうけど。 -- 2021-03-09 (火) 15:39:37
  • ここが通れるようになると、ゴンドールの沿岸諸国とローハンの交易に役に立つんだが -- 2021-07-17 (土) 14:32:00
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。

添付ファイル: filevlcsnap-00062.jpg 711件 [詳細] filevlcsnap-00061.jpg 613件 [詳細] fileScreenShot00673.jpg 1105件 [詳細] fileScreenShot00671.jpg 915件 [詳細]
Last-modified: