暗黒の地

概要

カテゴリー地名
スペルDark Land
その他の呼び名South Land

解説

中つ国の南東、内海(Inner Seas)を隔てたところにある大陸。1930年代半ばにトールキンが描いたアルダの地図に存在が記されているのみで、詳しい地理や歴史、住人等は一切不明。
アカルラベース」にはかれらの航海は、闇に閉ざされた北辺から南の熱帯まで、そしてさらに南を越えてその先の暗闇にまで及んだ。かれらは内海にさえ入り込み、 …とあり、ヌーメノール人がこの地を探検した可能性もある。

その位置から推察すると、オーストラリアと南極大陸(もしかしたらインドネシアも)を合わせたものに相当すると考えられる。また、学術上の仮想大陸であるレムリアやスンダランドから着想を得ているとも言われるがその真偽は不明。

“暗黒の地”という言葉はこの他にも、ヌーメノール人中つ国を指した場合や、自由の民モルドールを指した場合に、それぞれ使われることがある。

Iron Crown Enterprisesによる設定

モレノーレ(Morenórë)というクウェンヤの名前が付けられている。アヴァリの伝説ではウンゴリアントがこの地にたどり着いて住んだという。

コメント

コメントはありません。 Comments/暗黒の地?

お名前:
Last-modified: